上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.11.投稿 リメイク

「簡単に行けない・・・・・」大層なタイトルをつけました。台湾には「日式・・・」「和風・・・」など日本を売りにした商売が沢山有ります。

食べ物やさんの世界でも10年前は和食の店に行く事はステータスシンボルでタクシーの運ちゃんの一か月分の稼ぎが飛んでしまうような料金でした。*「運ちゃん」という単語はこちらに残っております。

そして民宿「悠遊村」 http://longstay-tw.seesaa.net/の近所にある「お多桑」(おとうさん)は何故簡単に行けないか、予約が取りにくい⇒no、政財界人御用達⇒no、べらぼうに高い⇒no、隠れ家的な店なので場所が説明しづらいだけです。
P6090014.jpg

P6090012.jpg

P6090010.jpg

P6090005.jpg

P6090009.jpg
小気味の良いお兄さんが見事な包丁捌きをみせてくれます。板さんのチェックは鮪の赤身で。ワサビは生山葵、皿の手前は炙り、刺身のツマも心得たものでした。
P6090003.jpg
台湾でしか食べれない緑竹筍。台湾人はマヨネーズで食べますが、私達は勿論ワサビ醤油で食べます。
P6090004.jpg
「皮付きミニトーモロコシ」「カマスの塩焼き」「ザーサイ」「カルビ・トントロ・牛ねぎ・各串焼き」「明太子の手羽焼き」「キムチ」「鮭のにぎり」「冷酒山田錦」×2 「キリンビールの一番搾り」「ハイボール」。料金はNTD1800(¥5400)、気持ちよく食べて飲みました。

PS.
台北には日本人夫婦が経営する民宿「悠遊村が有ります。
スポンサーサイト
2011.05.08のリメイク
「五指山」に台北の喧騒を逃れる別天地がある。谷川のせせらぎを耳に美しく盛付けされた創作料理を食せば心は京都嵯峨野だ。
旅行案内等にも取り上げられ予約が取り難いと評判の「食養山房」創作料理店だ。友人数人と遊びに来ている姪の希望を叶える為に裏技を使って予約をした。

入口。
P5050002.jpg
敷地内の陽明山に繋がる古道。
P5050007.jpg
此処でゆったりとしたおもてなしを受けます。
P5050009.jpg
蛇退治用のガチョウ。
P5050012.jpg

P5050030.jpg
日本で調達された皿に盛られた料理の数々。
P5050015.jpg
P5050016.jpg
P5050017.jpg
P5050019.jpg
P5050021.jpg
P5050022.jpg
P5050024.jpg
P5050027.jpg
P5050028.jpg
P5050029.jpg
P5050025.jpg

P5050031.jpg

「夢湖」
京都嵯峨野から20分で北海道「霧の摩周湖」だ。記念写真の人気スポットになっている、本当に幻想的な湖だ。素晴らしく整備された個人所有の湖だ。
P5050035.jpg
P5050036.jpg
201010.29リメイク
台湾C級グルメの定番はなんと言っても「牛肉麺」だろう。台湾の食べ物は全てOKなのだが、これはどうもいただけない。五香が苦手な訳でもない。表現が難しいのだが、甘い、辛い、酸っぱい等の味が調和されないで、一つずつの自己主張が強く、味がきつい感じがする。

そんな私が、素直に美味しいと感じるお奨めの店は、MRT石牌駅近の「牛董」という店だ。お薦めメニューは牛肉三合一麺。三合一麺とは麺と牛筋・牛肚・牛肉と言う意味だ。

PA280017.jpg

PS.
台北宿泊は日本人夫婦が経営するペンション悠遊村( http://longstay-you.blogspot.com )を、ご利用ください。
台湾情報・話題はBlog「南国台湾楽園生活・台北」「台湾ミッスラン」でチェクできます。
2010.07.06.のリメイク。

台湾にはベジタリヤンが沢山います。宗教上で有ったり、健康の為であったり人それぞれです。ベジタリアン料理は中文で「素食」と書きこの店は「369素食」と書かれた看板を掲げています。

簡単な料理を出す小吃店では「147」「258」「369」が良く店名に使われます。出所は、麻雀の筋と言う事だ(これは正しい情報です)。「筋の通った良い料理を出す店」という意味が込められているのか、語呂の良さだけなのか理由は良く知りません。
369.jpg

PS.
台北宿泊は日本人夫婦が経営するペンション悠遊村( http://longstay-you.blogspot.com )を、ご利用ください。
台湾情報・話題はBlog「南国台湾楽園生活・台北」「台湾ミッスラン」でチェクできます。
美味しいですよ!冷蔵庫整理の野菜スパゲティー。一緒に食べませんか。

IMGP9769.jpg

PS.
台北の宿泊は日本人夫婦が経営する民宿「悠遊村」へお越しください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。