FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾でお知り合いになった知人に和食店に連れて行ってもらいました。天母のローターリの近所に有る日本趣味に溢れた店でした。
IMGP9765.jpg
開店間際なんで客の姿が有りませんでしたが、2~30分後には満席になってしまいました。
IMGP9768.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ
にほんブログ村

PS.
台北の宿泊は日本人夫婦が経営する民宿「悠遊村」へお越しください。





    スポンサーサイト
    【好記担仔麺】
    小皿料理の並んだ店先
    P7010004.jpg
    旬の筍 エリンギと塩卵炒め ブタのフォアグラ(これはお勧め)  
    P7010006.jpg
    変わったナプキン
    IMG_0003.jpg
    【鼎泰豊】小龍包 1籠12個190元 (記憶では値段を下げたような気がする)
    IMG_0005.jpg

    にほんブログ村 旅行ブログ 民宿へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ
    にほんブログ村
    PS.
    台北の宿泊は日本人夫婦が経営する民宿「悠遊村」へどうぞ。詳細はこちらをクリック⇒「悠遊村」台北便り





       
      日本の香りに誘われ今日も行って来ました超々マイナーな店、5条通口の「山小屋」へ。
      P6130009.jpg
      兎に角、美味い、量が多い、安い、の3拍子が揃った店だ。22年間、頑固で無口なオヤジが年中無休日本の味を実直に守っている。日曜日は休みのようです。
      P6130008.jpg

      P6130007.jpg
      とんかつ定食(NTD140)。へれ部分を使ったとんかつ、一口食べたので小さくなっているが松竹梅の松だ。食べ方が小憎たらしく、辛子とトンカツソースor辛子と醤油で食べるようになっている。
      P6130004.jpg
      シャケ定食(NTD140)。これは日本からの輸入品だそうだ。なるほど良い焼き加減だった。これも一口パクついた後の写真です。
      P6130005.jpg
      これは3品定食についてきます。肉じゃが、おくら、かぼちゃ、トマトの卵焼き、・・・・・・。
      P6130003.jpg
      白味噌仕立て、これはちょっと私には甘口かな。
      P6130006.jpg
      にほんブログ村 旅行ブログ 民宿へ
      にほんブログ村
      PS.
      台北の宿泊は日本人夫婦が経営する民宿「悠遊村」へどうぞ。詳細はこちらをクリック⇒「悠遊村」台北便り

      にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ
      にほんブログ村






         
        「簡単に行けない・・・・・」大層なタイトルをつけました。台湾には「日式・・・」「和風・・・」など日本を売りにした商売が沢山有ります。

        食べ物やさんの世界でも10年前は和食の店に行く事はステータスシンボルでタクシーの運ちゃんの一か月分の稼ぎが飛んでしまうような料金でした。*「運ちゃん」という単語はこちらに残っております。

        そして民宿「悠遊村」 http://longstay-tw.seesaa.net/の近所にある「お多桑」(おとうさん)は何故簡単に行けないか、予約が取りにくい⇒no、政財界人御用達⇒no、べらぼうに高い⇒no、隠れ家的な店なので場所が説明しづらいだけです。
        P6090014.jpg

        P6090012.jpg

        P6090010.jpg

        P6090005.jpg

        P6090009.jpg
        小気味の良いお兄さんが見事な包丁捌きをみせてくれます。板さんのチェックは鮪の赤身で。ワサビは生山葵、皿の手前は炙り、刺身のツマも心得たものでした。
        P6090003.jpg
        台湾でしか食べれない緑竹筍。台湾人はマヨネーズで食べますが、私達は勿論ワサビ醤油で食べます。
        P6090004.jpg
        「皮付きミニトーモロコシ」「カマスの塩焼き」「ザーサイ」「カルビ・トントロ・牛ねぎ・各串焼き」「明太子の手羽焼き」「キムチ」「鮭のにぎり」「冷酒山田錦」×2 「キリンビールの一番搾り」「ハイボール」。料金はNTD1800(¥5400)、気持ちよく食べて飲みました。

        PS.
        台北には日本人夫婦が経営する民宿「悠遊村が有ります。
        「五指山」に台北の喧騒を逃れる別天地がある。谷川のせせらぎを耳に美しく盛付けされた創作料理を食せば心は京都嵯峨野だ。
        旅行案内等にも取り上げられ予約が取り難いと評判の「食養山房」創作料理店だ。友人数人と遊びに来ている姪の希望を叶える為に裏技を使って予約をした。

        入口。
        P5050002.jpg
        敷地内の陽明山に繋がる古道。
        P5050007.jpg
        此処でゆったりとしたおもてなしを受けます。
        P5050009.jpg
        蛇退治用のガチョウ。
        P5050012.jpg

        P5050030.jpg
        日本で調達された皿に盛られた料理の数々。
        P5050015.jpg
        P5050016.jpg
        P5050017.jpg
        P5050019.jpg
        P5050021.jpg
        P5050022.jpg
        P5050024.jpg
        P5050027.jpg
        P5050028.jpg
        P5050029.jpg
        P5050025.jpg

        P5050031.jpg

        「夢湖」
        京都嵯峨野から20分で北海道「霧の摩周湖」だ。記念写真の人気スポットになっている、本当に幻想的な湖だ。素晴らしく整備された個人所有の湖だ。
        P5050035.jpg
        P5050036.jpg
        人との出会いは不思議なものだと改めて思う。ネットの趣味の倶楽部を通じて存じ上げた方と初めて台北でお会いした。数十年の海外生活を終え五島列島へIターンをし晴耕雨読の生活を送られているニックネームを「ひぜんごとう」という方だ。

        長崎は肥前の国、お住まいが五島列島という事で「肥前の五島列島」をもじって「ひぜんごとう」と名乗られている。この「ひぜんごとう」さんが2年振りに台北に戻ってこられた。短い滞在期間中に2度もお会いさせていただいた。私にとっては今回初めてお会いした方と思えない様な親近感を感じる人だった。

        今日はこの「ひぜんごとうさん」と台湾に語学留学されている方と3人で、林森公園の北側にある「天仁銘茶」でお茶を楽しみながら話に花を咲かせた。この「天仁銘茶」は「ひぜんごとうさん」の馴染の店で長居を許していただいた。





          台湾生活、習慣の違い、言葉、文化の事など、話のネタは尽きない。勿論、食の話もでた。魚が話題に上る、焼き魚が台湾に無い事を訴える。ところが有りました。今、お茶を楽しんでいる目と鼻の先の「欣欣百貨」の2Fに有る「藍屋」に有るのです。それも塩サバ。脂がのっていて日本でもお目にかかれないような味だ。
          P4220013.jpg

          P4220007.jpg  P4220009.jpg  P4220010.jpg

          P4220011.jpg  P4220012.jpg  P4220014.jpg
          会計はNTD499。値段、量、質、味、大満足の一日だった。
          P4220008.jpg
          美味しかった、「ひぜんごとうさん」有難うございます。謝謝!!!。又の訪台をおまちいたしております。
          にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
          にほんブログ村

           

          久しぶりの日本やはり食べたくなるのは魚料理だ。馴染の店「文金」の親父の心のこもった料理に舌鼓をうつ。
          P3080018.jpg
          今日の一押し「白魚」をポンズ・わさびで踊り食い。
          P3080020.jpg
          突き出しは菜の花の和え物。造里は「よこわ」、焼きものは「寒ブリのかま」。
          P3080022.jpg
          「蟹身の細巻」を生姜・ポンズで。
          P3080023.jpg
          「蟹身と百合根、銀杏の細巻」の揚げもの。
          P3080025.jpg
          「若筍煮」。
          P3080026.jpg
          「千枚づけ」
          P3080027.jpg
          これを肴に熱燗、楽しい日本の一夜でした。

          にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
          台湾ロングステイの会


          にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
          にほんブログ村

          にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
          にほんブログ村
          アクセスランキング
          ランキング集計結果

          台湾C級グルメの定番はなんと言っても「牛肉麺」だろう。台湾の食べ物は全てOKなのだが、これはどうもいただけない。五香が苦手な訳でもない。表現が難しいのだが、甘い、辛い、酸っぱい等の味が調和されないで、一つずつの自己主張が強く、味がきつい感じがする。

          そんな私が、素直に美味しいと感じるお奨めの店は、MRT石牌駅近の「牛董」という店だ。お薦めメニューは牛肉三合一麺。三合一麺とは麺と牛筋・牛肚・牛肉と言う意味だ。

          PA280017.jpg

          PS.
          台北宿泊は日本人夫婦が経営するペンション悠遊村( http://longstay-you.blogspot.com )を、ご利用ください。
          台湾情報・話題はBlog「南国台湾楽園生活・台北」「台湾ミッスラン」でチェクできます。
          日本のクサヤに匹敵する臭い食べ物が台湾にも有ります。台湾旅行された方なら、すぐ分かる「臭豆腐」です。最近は少し臭みを控えているらしいのだが、それでも臭い。しかし口に入れれば醗酵食品独特の舌を刺すような味わいで大変美味しい物だ。世に珍味と言われる物は、大体こんな物だ。

          台湾へお越しの際は勇気を持ってチャレンジしてみて下さい。一気に台湾通になるかも。

          この店お奨めの「麻辣臭豆腐」です。
          P6050079.jpg
          台北駅地下のZ-6番出口付近で探して見てください(新光三越の地下あたりです)。店員が全員若者なのですぐ分かります。
          IMG_20100928110416.jpg
          「招牌」は当店御薦めという意味です。130NTD(約¥350)で少し高い。
          P6050080.jpg
          にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
          台湾ロングステイの会

          にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
          にほんブログ村
          アクセスランキング
          ランキング集計結果

          ブログランキング
          FC2 Blog Ranking

          台北に帰れば、やはり台湾料理が食べたくなる。庶民の味を求めMRTで4駅先の「剣南路」を目指す。駅前には「美麗華百楽園」が有り、北部最大の観覧車、デパート・映画館・大型スーパー等の施設が集まっている。花博会場に近接しているので、開催時には非常な賑わいを見せる事だろう。

          この一角に「維多利亜酒店(victory)」ホテルがある。近所に「内湖科学園区」、いわゆるIT関連会社が集まっており、諸外国からのビジネス客が利用する、清潔で客層の良いホテルだ。ホテル誕生の所以が面白く、奥様への誕生日プレゼントという事です。ホテル名は奥様のニックネーム、こちらの人は欧米風のニックネームを持つのが普通です。

          このホテルでマネージャーをしている友人と待ち合わせをし、食事をする約束をした。行く先は100年の歴史を持つ牛肉店「金春発牛肉店」だ。焼肉屋さんではなくホルモンの台湾料理だ。
          P9170007.jpg
          炒青菜(空芯菜)
          P9170001.jpg
          小拼盤(はちの巣&牛筋の塩味ボイル)  炒毛肚(センマイのモヤシ炒め)  牛肉麺(塩味)
          P9170003.jpg

          P9180003.jpg

          久しぶりの台湾料理でガッツイテ箸を付けてしまった写真は削除しました⇒炒咖哩牛肉(カレーの牛肉炒)、炒咖哩牛肉麺(カレーのやきそば)、牛雑湯(牛の塩味ホルモンスープ)は次の機会にご紹介いたします。
          本日の特別メニューは「炒牛蛋」。この料理は食べつくした後、写真を撮っていない事に気がついた。男性のgolden-ballの炒め物で本日は珍しく材料が有ったようだ。

          「剣南路」は内湖エリア最初の駅で、北側の山手には市の古跡に認定されている美しい建築の「剣潭古寺」が有る。剣潭山の麓に立つ圓山大飯店も東手に望む事が出来、その南に位置する事から剣潭の南、剣南という名がついたのだろうか、私の仮説です。

          【北京語講座】
             「捷運」=Juein 地下鉄と思ってください。MRTでは通じません
             「剣南路」=J-annanru 

          にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
          台湾ロングステイの会

          にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
          にほんブログ村
          アクセスランキング
          ランキング集計結果

          ブログランキング
          FC2 Blog Ranking

          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。