上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台北駅東方500mの中山北路と市民大道の交差点にある[国父史跡館]へ行く。孫文は3度台湾を訪れているのですが、この建物は1913年2度目の来台時に宿泊した日本旅館「梅屋敷」を再現した建物です。

池のほとりでは雨中、女性が微笑みながら水面を見つめていました。
IMGP7627.jpg

「梅屋敷」は日本人「大和宗吉」が1900年に建築した4面を縁側に囲まれた約50坪の長方形平屋建ての日本旅館である。旧址は現在地より50m南西の地、日本時代は御成町と呼ばれた地にあった。地下鉄工事の為1983年現在地に移築され、1986年11/12日、国父の誕生日に合わせ竣工祝いをした。
IMGP7628.jpg

2009092322542371b.jpg   2009092322540242f.jpg

1946年に[国父史跡紀念館]に、1998年には台北市歴史建築指定、更に[国父史跡館]に命名変更した。館内には、孫文の関係文物史料、写真、サンフランシスコ在時に使用した執務用の机、椅子等が展示されている。
200909232255046e9.jpg

床の間に掛けられている額「博愛」は、1913年宿泊時に「大和宗吉」に贈られたものです。(フラッシュ不可の為、暗い)。
IMGP7631.jpg

孫文は日本風に言う姓は孫、名は文である。そして字を逸仙、号を中山と言った。「逸仙公園」は孫文の字からきています。「梅屋敷」の由来通り往時は梅が咲き乱れていたのだろう。訪れた時は蕾の状態でした。案内の人は、もう少し経つと白とピンクの花が咲き綺麗ですよ、と言っていた。

【建物】1900年(明治33年)竣工。市定歴史建築。
【設計】
【場所】MRT台北徒歩10分。

IMGP7638.jpg
スポンサーサイト
郷愁を誘う日本家屋9棟が「直轄市定古跡」に認定されております。場所は中正区、MRT忠孝新生駅徒歩8分程度の所に有ります。近所には大阪の日本橋、東京なら秋葉原の様なパソコンの街「光華商場」や国立台北科技大学が有り若者で賑わっております。

崩壊寸前の日本家屋。
IMGP4033.jpg

IMGP4045.jpg
建物が片付けられ改築を待つ敷地。
IMGP4048.jpg
保存の為、改築された建物。これから100年後も日本人の足跡として存在し続けてくれるのだろう。慾をいえば改築ではなく、昔の雰囲気を残した改修工事が可能な時期に手を加えて欲しかった。
IMGP4049.jpg
【建物】1920年代~1940年代 斉東街の日本家屋。市定古跡
【場所】MRT忠孝新生駅徒歩10分。中正区斉東街53巷11号他。

また近所には初代台湾総督華山資紀の名に由来する「華山1914創意文化園区」という文化施設も有ります。ここには台北を訪れた日本人がよく顔出しする青葉新楽園が出店しバイキング式の雰囲気の良いサービスをしております。酒造工場の敷地跡を利用しているので、ノスタルジックと新しい文化が交じり合った不思議な空間となっております。
IMGP4084.jpg
【建物】1916年(大正5年)竣工。市定古跡。 旧・台北酒工廠。
【場所】MRT忠孝新生駅徒歩10分。
この近所には風格の有るホテル「国際大旅社」、「草山御賓館」そして「草山衆楽園」現在の陽明山教師会館、「中山楼」が有る。

終戦までは北投と並ぶ温泉地として知られてきた場所だ。ここは台北を一望できる景勝地で、かつて「草山衆楽園」と呼ばれた台湾最大の公共娯楽施設があった。敷地面積565坪に2階建ての大型建築が建つ。
【建物】1929年(昭和4年)竣工。市定古跡。
【設計】
【場所】MRTの最寄駅からバス。台北市北投区陽明山建国街2号。
IMGP9160.jpg
昔の絵葉書
h8394_20110606213210.jpg

現在は陽明山教師会館として使用されており、かっての姿を偲ぶものは外観のみである。玄関左に事務所が有り、日本から来た事を伝えると、改修工事中にも関わらず館内の日本時代のものを紹介してくれました。
2011.06.06現在
IMGP9167.jpg
昔の絵葉書 (階段に注意)
A22E1579-6A33-9CD5-DDF0-26BF697ED66A_20110606213210.jpg
2011.0.19.リメイク

【台北州庁舎】 (現)監察院
【建物】1915年(大正4年)竣工。国定古跡。
【設計者】森山松之助  他に総督府・総督官邸・専売局などの官庁建築が有る。
【場所】MRT台北駅から徒歩5分(7番or8番出口)。台北市忠孝東路1段2号。
    台北駅から東へ200m、忠孝東路と中山南路の南東交差点。
IMGP7646_20110419020525.jpg
台湾省政府衛生処、教育庁を経て1958年より監察院として使用されている。監察院は各種国家機関や公務員を監督・調査及び財政状況・決算等の会計監査を行う国家機関です。さらに中山南路を200m程度南下すると濟南教会がある。

台北州知事公舎
台湾大学法学院正門前にある旧[台北州知事公舎]です。MRT善導寺駅5番出口、延紹興南街を南に10分。
現在はカルチャースクールや喫茶食事ができるスペースとして保存利用されています。このような形で利用されている日本時代の建築物は、台北市内だけでも、数か所あります。





    2011.07.22 [228紀念館」32
    1997年2月28日、[228紀念館」として開館され、更に改修が施され2011.2.28.にリニュアル・オープンされた。
    日本時代は台湾広播電台放送亭の建物であった。ちなみに放送亭はラジオ局を意味し台湾総督府の支援の下で台北・板橋・台中・台南・嘉・花蓮等に放送局が設置され、台湾放送協会により運営されていた。
    【建物】1934年(昭和9年)竣工。2級古跡。
    【設計】栗山 俊一
    【場所】MRT台大医院駅徒歩5分。中正区228和平公園内。
    IMGP8152.jpg

    歴史的意味のある放送がこの建物でされています。一つは1945年8月15日正午の玉音放送であり(日本がポツダム宣言を受諾して降伏し、第二次世界大戦が終結したことが伝えられた)、あと一つは国民党政府統治下の1948年2月28日に発生した二二八事件時に、放送局を占拠した市民が軍艦マーチとともに事件の情報を伝えた台湾全土に放送した。
    IMGP8155.jpg

    【二・二八事件】の解説は他に譲るとして、「事件当時はまだ日本国籍を有していた」と解説する人が有り、国際的な法的解釈はどうなんだろうか?
    にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
    にほんブログ村


    PS.
    台北の宿泊は日本人夫婦が経営する民宿「悠遊村」へどうぞ。詳細はこちらをクリック⇒「悠遊村」台北便り





      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。