上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.30 国防訓練の日
私達には想像できない国防訓練が本日ある。13時から2時間余り屋外での活動は禁止されるようだ。私の知る限り戒厳令は解除されたと思ったが、やはり戦時体制が続いているのだろうか?。国民参加の軍事訓練は初耳だ。少し緊張と興奮を覚えた。
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト
淡水に夜景を見に行く。以前よりも海岸沿いが整備され、一大観光スポットになっている。夕陽の時間に間に合う様MRTで行く。地下鉄に自転車車両があり、びっくり。そういえば台北市内から淡水までサイクリングロードが整備されているんだった。
エスカレートの立つ位置は、大阪と同じ右側ちみに東京は左側。こんなとこにも大阪人気質と似通ってるみたい。地下鉄(MRT)の場所を尋ねる時にMRTと言っても通じ難い。少し発音が難しいのですが捷運(jue yuin)と言えば通じるようえすよ。私は今のところ出来ません(笑)。

夕陽はばっちり拝見できました。地平線に沈む夕日は、どの地で見ても、素晴らしい。(20090630)
⇒台北の民宿「ペンション悠遊村」
関連記事
「屏東」行の際、周様に店名“孔子小館”で夕食の接待を受けた。店名の孔子と食は関係がないと思っていたが、そうでも無いらしい。それは論語の一説に[疏食を食い水を飲み肱を曲げて之を枕とす。楽しみ亦た其の内に在り]の一説があり、これを実践している孔子菜という料理を提供している店らしい。

孔子菜という料理は孔子の直系の子孫達が暮らした”孔府”に伝わる料理で、この店の料理が孔子菜なのかどうかは定かではないが、非常に美味な外省人の料理だった。
(2009.6.30)

《あとがき》
今年は孔暦2560年(孔子誕生=紀元前651年)。[魯]国、現山東省に生まれた思想家。 時の権力者に用いられ儒教は国教となり、現在まで続く。 
関連記事
今日は6/20からの長い招待にお別れする日だ。周家の家族には、言葉で表せないほどの歓待をうけた。感謝感謝。移動予定は、屏東→左営(高雄)までは在来線、高雄→台北は新幹線、台北→内湖(昆陽)は地下鉄、家まではタクシー。

途中、高雄の義弟の住む旧軍人村に立ち寄る。閑静な一戸建が集まる高級軍人村だ。いずれ、老朽化と人口増の為に一部を史跡として残しそれ以外は全て取壊されマンションに変わる運命だそうだ。民進党の陳水偏総統の時代に決定された。これにも国民党(外省人)と民進党(内省人)の政争があるのかも知れない。陳水偏総統時代に蒋介石総統の銅像が相当数市内から撤去されたらしい。

台北にたどり着いた地下鉄の中で事件は起きた。帰社時間に遭遇し、満員だった。たまたまpriorityseatsの前に陣取ることにした。すると初老の紳士が席を立ち妻に座れと勧めるではないか。お断りをしたのだが、強く座れと勧めるので有難く座らせてもらった。

レディファーストで譲られた気配ではなく、又、紳士より年も若く、とにかく席を譲られた理由が分らず困惑していたのだが、眼前にあるポスターでハタと気がついた。どうも妊婦と間違えられたようだ。暑い時期なので彼女は、かなりルーズな薄手の服を着ていた。、屏東での接待ずくしで立派になった下腹が原因のようだ。見たところ妊娠6ヶ月。目の前に貼ってあるポスターは漢字だらけで意味不明だが、そこには立派な妊婦が写っていた。

某国でよく見かける優先座席の風景と台湾では明らかに違う。若者や健常者が座っているのを、見たことがない。
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
「東港」へ行く。黒マグロの有名な漁港だ。現地の人が言う黒マグロは赤身の色から判断するとインドマグロのようだ。「赤身・トロ・カブト」は言うに及ばず「目玉・胃・心臓」 等々捨てる処無く店頭に並べられている。私の好きな目玉の値段を聞いてみると2個でNT$40(¥120)だった。

ここで食材を買い求め今日も宴会だ。6/16日に台湾へ着いてから今日で7日間。体重は1.5kg増である。

三地門にある原住民カルチャーパークにも行った。ものすごく興味深い所で再訪したいと思う。原住民と日本の関わりに興味がある。(2009.6.23)

《原住民の人口》
    *Saisaiat族 5,400人
    *Thao族 600人
    *Bunun族 48,000人
    *Tsou族 6,400人
    *Rukai族 11,000人
    *Atayal族 80,000人
    *Sedig族 10,000人
    *Sakizaya族 10,000人
    *Paiwan族 82,000人
    *Truku族 22,000人
    *Kavalan族 1,000人
    *Amis族 169,000人
    *Puyuma族 10,000人
    *Yami族 3,000人
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
旗津へ行く。軍港のある港だ。清朝時代の砲台跡を訪れる。ここからは、高雄・屏東が望める見晴らしの良い所だ。

昼食は[萬三小吃部]と言う店名の処でとる。大皿に盛られた、魚貝類・野菜・肉類・果実等が数十皿と並べられたコーナーがあり、そこから客が自由に選べるシステムである。私達のテーブルには、8人が手分けして選んだ12品の特大の皿に盛られた料理が置かれた。当地の名物店のようで観光バスが横付けされていた。

さしずめ日本の一膳飯屋の巨大版だ。気になる値段だが、すべて1皿100NTD(¥300)。 食物・料理法・量・単価には毎食驚かされる。(2009.6.22)
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
台湾には温泉が沢山ある。ほとんどが熱泉で冷泉は2箇所しかないそうだ。その一つがここ高雄県田寮郷に有るリゾートホテル「花季」冷泉温泉だ。この温泉は、日本時代に日本が開発したもので、その後放置され、さびれていた物を、本日、私たちが接待を受けている周正道様の友人が買取りNT$4億をかけ再建したそうだ。

台風の影響がある天気だが、途中、尖がった剥き出しの山肌が連なる、その名も”月世界”という名所に立ち寄った。

部屋に荷物を降ろすやいなや大浴場に足を運んだ。早朝に出発した体には、心地よい湯だ。2時間あまり風呂場で過ごした。効能書きに出雲風呂(裸湯)の表示が有ったので、湯ぶねにつかりながら出雲の意味を考えていたのだが、結局分らなかった。

6時から、夕食だ。総数11人。台湾へ来てからの連日の食事攻勢に少し疲れ気味の胃には、程好い加減の料理内容だった。海の幸の創作料理で一品ずつ運ばれる懐石風のものだ。従業員のサービスも含めてかなりのレヴェルだ。

客室・食堂等には日本名が付けられており、浴槽の「出雲」も単なる呼称だった。かなり日本趣味のHOTELだ。(2009.6.21)
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
2009.06.20 台風が来る
台風が来た。幸い直撃は免れたが南国の台風は、かなりのものだ。何号台風か聞いてみると、名前で呼ぶので分らないとの事だった。そういえばTV画面で「蓮花台風」の表示があった。

ルールは分らないが、欧米風と自国風の名前を交互に付けるそうだ。台風には、どの国も女性の名前を付ける。不思議なものだ。
ちなみに、北京語では、颱風と書きTAIFONと発音する。(2009.6.20)
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
今日は2007.1.5.開業の台湾新幹線で高雄(駅名は“左営=zuoying”)へ行きます。台北高雄間の所要時間は1時間30分。ちなみに現地では新幹線ではなく高鉄と呼んでいる。グリーン車はビジネス席、指定席は普通席と言う。初めて海を渡った日本の新幹線だが、当初フランス製に決定されていた経緯もあって、一部、欧州方式を取り入れ開業当初はフランス人が運転していたらしい。

左営(zuoying)屏東(pingtoung)間は在来線。他民族国家らしく北京語・台湾語・客家語・英語の4言語で車内放送が行われている。30分程度の乗車時間で今回の目的地、周家のある屏東に到着した。

《台湾事情》
 原住民⇔メラネシヤ・ポリネシヤ系の人々で14部族が認定されている。部族の言語を持っている。
       (原住民の部族間の共通語として、日本語を使用する事が有るようだ。)
 内省人⇔いわゆる台湾人。戦前より台湾在住の漢民族で福建語に近い台湾語を日常使用している。
 外省人⇔国共内戦に敗れた国民党と一緒に大陸から渡った人々。北京語を会話で使用する。
 客家人⇔華僑と一般に言われている人に多く客家語を喋る客家の子孫。
生活の場面では、公用語の北京語、台湾語、客家語を、ごく自然にお互いの言葉に合わせ会話をしている。
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
到着後、荷物を降ろすやいなや周家の果樹農園に行く。1エーカーの農園だ。アボガド・マンゴー・パパイヤ等の果物が数10本の木に無造作になっている。それぞれに数種の品種の木があり実がなっている。1時間余り、それらを、もぎとって遊んだ。

アボガドは妻の足より大きく、マンゴーは顔よりデカイ物だ。台湾を訪れる楽しみの一つに豊富な果物を食べれる事がある。今回も4日程の間に7種類のマンゴーを経験した。世界中に何種類のマンゴーがあるのかわからないが、全種を食べてみたいものだ。台湾へはオランダ人が持ち込んだという事だ。

東国原知事で有名になった、宮崎成金マンゴーは私には縁が無いだろう。こちらの店頭に並べられている値段は書かないでおこう。只、日本銀行で発行されている硬貨をひとつも持って行けば買える事は間違いない。
(2009.6.20)
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。