上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1ヶ月の海外滞在も昨日で終わった。今は最終目的地の伊丹空港へのフライトに向け成田空港のラウンジで帰国の感激もなく妻とシャンパンで乾杯中です。

成田~伊丹の機中でまさかの座席争奪戦が行われた。中国からの小グループの観光客が搭乗しており、それぞれの事情のもとに、それぞれが自由に座席を選び座っておりました。そこへ、飛行機は決められた席に座るものだと思い込んでいる日本人客が乗り込んできたから、たまりません。

我々の席は無事に確保されていたのだが、数名の日本人搭乗者の席が占拠されていた。大混乱の開始だ。交通整理すべきスタッフが中国語を喋れない。英語で喋っているのだが、相手が理解できない。何というANAの不手際か、今は北京語スピカーが一人ぐらい必要な時代だ。世間が分からない上層部なのだろう。

座席争奪戦の一方の言い分は自分達は既に座っているのだから、この席を譲って欲しい。後から乗り込んだあなたは空いている席に座ったら良い。決められた席に座るのが当然だと思っている日本人。まさに文化の激突、ルールに対する考え方の激突だ。

傍若無人・唯我独尊・自己中心・自分勝手・意固地・融通性・堅苦しさ。激突を考えられる全ての言葉を列記した。アテンダントの奮闘の結果、離陸後、グループは希望する席に座れたのだが、その時の様子が面白い。「あの時はダメで、今なぜOKなんだ。それならあの時に・・・・・・・・・」親子・友達と隣席できて楽しそうにしている中国人。ありえない騒動にまきこまれ不快感を隠せない日本人達。

日本の団体観光の農協的行動が外国の批判を受けていた同様の事がここで行われている。先進国のルールとは何だろうと考えさせられる一幕だ。中国人への個人ビザ発給が解禁され個人観光客が増えたら、受け入れる我々の態勢はどうなのだろうか、はなはだ心もとない。
(2009.7.16)
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト
今日で台湾滞在23日目。初めての訪問が昭和の時代で30年前だったと思う。その後、年に1回は少なくとも必ず訪問をしている。5月や8月の連休を利用しての縁者・友人を訪ねる数日の旅だ。今回の様な生活感のある滞在は初体験だ。生活をしてみて、この国の様々な変化に気が付いた。

まずは、ここ数年でどんどん整備されている新幹線・MRT・高速道路等のインフラだ。以前はどこへ行くにもタクシーを利用した。走っている車の半分がタクシーのように感じる程台数が多かった。そして、走っている車が洗車され綺麗になったのか、空気が綺麗になったのか、はたまた裕福になったのか、傷ついた使い古された車を見かけなくなった。

又、バスの充実振りには素晴しいものを感じる。が、バス停に数分間隔で4~5台走り込み、行先の違うバスを、おいそれと外国人は利用は出来ないだろう。冒険心が必要だ。

衛生面では、ハエが気にならなくなった。下水道が整備されてきたのだろ。ますます屋台での食が楽しくなった。

以前は流血騒ぎがあったのかと錯覚するほど生々しい赤色の痕跡が歩道に点在していた。今はビンロウを口にする人が減ったのだろうか、血痕様の物が少なくなった。しかし、販売している店は多く点在している。外国人からみて、口中を真っ赤にしてビンロウを噛んでいる姿は、低レヴェルの人の様に感じるし、気持ち悪いものだ。この習慣はどうかと思う。

しかし変化をあまり感じないのが、歩道だ。狭い歩道に単車の放置、おまけに段差だらけ、たまにある点字ブロックを無視した置物。台北101や国際見本市等の世界に自慢できる建築物を持つ国になったのに。
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

今日は義父の墓参に出かける日だ。
関連記事
台北は市内、市外を問わず、マンションの建築ラッシュだ。日本国内の建築事情を知る者にとっては、羨ましい限りだ。一方、マンション価格も高騰中だ。このところの為替レートは約10,000円はNT$3,400前後だ。日本での私の所有物件が170万/坪、こちらの同環境の物がNT$80万(¥240万)/坪で日本よりも高価格だ。

その上、こちらの1住戸の面積は平均50坪ある。と言うことは、ほとんどの物が億ションである。知人と話したのだが、景気はかなり冷え込んでいる上に、ここ10年間は給料も据置きが一般的らしい。誰が、この高価な物を買えるのだろうか?。売れ残り物件もかなり有るらしい。建築で景気を支える意図が有るのだろうか?

この異常事態は日本のバブルどころでは無い様に感じる。日本の1/2以下で生活できる国のマンション価格が1.5倍だ。どの様な決着になるのか、はなはだ心配だ。表向きはダメなのだが大陸からの投資がかなり入っている様に伝え聞く。(2009.7.8)
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking
関連記事
2009.07.07 国民党軍人
台湾にも日本同様の戸籍がある。昨日、義母が入所している養老施設を訪れる。まず入口で訪問の手続きをする。壁の掲示板には、入所者のプロフィールがはられている。氏名、生年月日、等々と共に本籍地の欄があり、中国各地の省が書かれていた。全員が大陸各地から台湾に渡って来ている人だ。

ここは軍関係者で恩給を支給されている者だけが入所を許されているそうだ。ここには、日本軍と戦い、親族を殺され、家財産を失った人が少なからずいるはずだ。ここにいる間は日本語は小声で話そう。嫌な過去を思い出させないために。(2009.7.7)
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking
関連記事
2009.07.03 蘇澳冷泉
2209.07.03. リメイク
一泊2日の小旅行に出かける。台北から高速で40~50分の宜蘭(イーラン)という所だ。トンネルが出来るまでは山超え谷越えで3~4時間もかかったようだ。旅の目的は馴染みの薄い太平洋側に行くと言うことだ。

17時頃に出発し19時には現地の美味しい料理を食べ終え温泉公園で足湯をしたり、生ビールを飲みながら遊んだ。知人が携帯したPCから流れるミュージックは南国風の物だ。爽やかな風に吹かれ気分も爽快に数時間過ごす。

さて、寝床は蘇澳(su-ao)の温泉旅館だ。この地は台湾に2箇所ある冷泉温泉のもう片方の地だ。ここは資料によると日治時代に竹中信景氏が開発した冷泉らしい。街中には冷泉プールや足湯、ぶくぶく湧き出る冷泉を利用した共同の洗濯場があり、なかなか趣きのある土地だ。

又、冷泉だけではなく、立派な漁港があり、マグロを筆頭に色とりどりの魚を含む様々な魚が陸揚げされていた。ザルに盛られた鯵をNT$30で買い求める。帰宅後、数えると32匹入っていた。一匹日本円で3円だ。造り・ナメロー・塩焼・にして食べる。残りは開きにして一夜干にする。

昨夜たべた豚肉料理が美味しかったので聞いてみると豚肉でも有名な土地らしい。

PS.
台北宿泊は日本人夫婦が経営するペンション悠遊村( http://longstay-you.blogspot.com )を、ご利用ください。台湾情報・話題はBlog「南国台湾楽園生活・台北」「台湾ミッスラン」でチェクできます。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。