上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月26日から2泊3日の予定で、A&M夫妻と古都台南を訪れる予定だ。現在決まっている事は、五☆シャングリラ・ファーイースタン・ホテル台南に宿泊する事、26日・台北6:30分発の新幹線に乗る事だけだ。その他は全て成り行き、二家族夫婦の行き当たりばったり旅行だ。いつもの事ながら・・・・・・・・・。

私、個人的には、早起きして「虱目魚肚粥」を食べる、夜は台南最大規模の「花園夜市」に行く、観光は歴史好きの私としては、鄭成功、縁の史跡を訪れたいと思っている。

台南の予備知識は、「台北・高雄・台中に次ぐ第4の都市で、1885年に台北に首都が移るまで、政治経済文化の中心地だった」この程度で良いだろう。ちなみに1885年は清国が台湾を福建省から独立した省と定めた年だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2010’2.17.早朝、台中方面のドライブに出かける。
「紫南宮」にお金を借りに行くのが目的だ?。ここで借りた「お金」は「お金」をよぶらしい。但し、借入額は何百元単位だ。

システムを簡単に説明すると台湾の寺廟には殆んど於いてある茭林(朱色の三日月形をした木札)を使用して行います。
①借入に対する御礼額を「神様に報告して茭林2個を地面に投げます。
②裏表になれば神様が了解した事になります。
③1回目でOKがでれば600元、2回目でOKになれば500元、・・・・・・・→借入できます。
上記の方法で借入額と返済額が決まり、所定の手続き後、赤い袋に入ったお金を受け取ります。全て自己申告です。

私の場合は1回目は(200元お礼するのでお金を貸してください)と念じて木札をなげましたが両方とも表になりOKとならなかった。2回目は300元をお礼すると言う事で木札を投げたところ裏表がでて、見事OKとなりました。よって500元の借入れをいたしました。

手続きは、朱色の用紙に指定事項を記入し600元を添えて窓口に提出し500元の入った紅袋を受け取りました。お礼金の残額200元は来年の正月に持って来るつもりだ。ちなみに、返済窓口には長蛇の列ができていた。このお金の活用方法はゆっくり考えるとして、次の目的地の「清境農場」に向かった。

途中「集集」で軍史公園に立寄り、日月潭を横目に眺めながら、霧社事件で有名な「霧社」を通り過ぎ、「清境農場」にたどり着いた。時刻12:30分。運転のS氏、お疲れ様です。ここを更に進むと「合歓山」へ辿り着く。この山は、太平洋戦争時、真珠湾攻撃の際、暗号として使われた「新高山登れ」の現在名「玉山」から数えて4番目の高さらしい。「清境農場」では3千メートル級の中央山脈連山を眺めながらの昼食をとり、旧知の民宿でお茶休憩をとる。

この後、高山で冷えた体を温めに盧山温泉に向かった。中国文でよく分からないのだが碑文に、日本時代、傷病兵の休養場にしていたと言う様な事が書かれていたと思う。台湾各地の秘境の様な場所にまで、「日本の足跡」が残されているのには少々複雑な気持ちにさせられる。

楽しい一日だったのだが、出発17日早朝4時、帰宅18日早朝4時、の全行程を運転した、S氏には大感謝だ。

紫南宮 集集軍史公園 清境農場B&B 蘆山温泉

にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking






関連記事
今日は2月16日、日本でいうところの正月3ケ日の3日目だ。台湾は旧暦で新年を祝う。今年は2月13日が除夜で、14日が初一、15日が初二、16日が初三、17日が初四。18日は初五開市と言う事で仕事初めらしい。が、カレンダーは13日~21日が赤字になっており、この期間は正月休暇のようだ。

こちらでロングステイを開始し、3ヶ月も経つと、よい事ばかりではなく欠点も目に付いて来る。都心では、見受けられないのだが、一歩郊外に出ると目にするのが犬の放し飼いだ。こちらの人達は車道や歩道に寝そべっている犬を優しくよけて行動します。こうゆうことで人と犬との信頼関係が出来ているのか危害を加えられる事はまずない。

ただ閉口するのは、放し飼いなので糞の後始末ができない事だ。こちらの住居は、玄関が無く室の内外を区別する仕様になっていない。その為、足裏が汚れた状態で室内に入る事になる。非常に困った事だ。

もう一つは、檳榔(ビンロウ)を噛む習慣だ。東南アジア一帯の習慣らしいのだが、口中を真っ赤にして、赤い唾を道路に吐く様は、異様で、やはり気持ち悪い。習慣には、その土地土地の大事な伝統や、理由があるので、否定はできないが、やはり、なんとかならない物かと思う。

只、この檳榔の年間生産額は、なんと100億元(¥300億)もあり、農産物では米についで2番目の生産額らしい。耳鼻咽喉科では癌になる可能性が高い事を知らせるポスターを貼っているが、智恵を絞って規制する方向に向かうのが良いのではないかと思う。(現在、布地の染色は始められているようだ)。

最後に歩道の整備だ。有るには有るのだが、段差が有り、幅員が狭く、物が置かれており、歩きにくい事この上ない。健常者の私がこうだから身障者のご苦労は押して知るべしだ。
P4300001.jpg
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
2010.02.12. 懐かしい人からの電話だったのだが、御主人の訃報を報せる電話だった。15~6年お付合いさせていただいている小料理屋の女将さんからだった。私に和食料理の数々、魚料理の美味しさを教えてくれた人だった。御主人とは同歳という事もあったのか、店と客の立場をこえた関係だった。特別な食材が入手できた日、自慢の料理を披露する日、私の好みを良く覚えていてくれて、それ用の食材が入手できた時などは、電話で呼び出しを受け、楽しく美味しく食べさせていただいた。

大阪で関サバ・アジを手がけた先駆者ではなかろうか。TV等で紹介される以前から現地直送のものを食べさせてもらっていた。又、私のにぎり寿司好きを良く知っていて、カウンター越に、そっと珍ネタをもらったものだ。思い起こせばそれは(カツオの内蔵を丁寧に調理した胃袋や腸など?)(マグロの脳天)・・・等々、限りない種類の珍味だった。

こんなに早いお別れになるなら、美味しい物を私に食べさせようとする好意をしっかり受け止め、食べさせていただいた料理の数々をしっかりとメモを取っておくべきだった。この時期は、鮟鱇のどぶ汁をよく作ってくれた。

何百種類とある割烹料理の数々をメモした秘蔵のノートが数冊あり、それを見せてもらう約束があった。何時の日か、そのメモが後継者に引き継がれ、その料理が再現される事を祈念するとともに竹林様のご冥福を、お祈りいたします。

関連記事
街なかを歩いていると商品に「8折」など「○折」の表示をよく見かける事がある。日本では「20%OFF」など割引率を表示しているので、8割引きと錯覚するのですが、これは割引後の値段を表現しています。これは中華圏だけの表現方法ではなく、日本でも日常的に商取引の場面で「これは、8掛です」等の「○掛」と言う表現を使っており、これも同じく割引後の値段を表現しております。北京語の「○折」は日本語の「○掛」と単純に理解しています。

その他、「買一送一」・・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚買えば1枚サービス。
    「1件100NT$ 2件180NT$」・・・・・・・・・・・・1点は100元2点買えば180元。
    「3人同行1人免費」・・・・・・・・・・・・・・・3人行けば1人ただ。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。