上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外資系の5☆ホテルがいくらも有る台湾だが、「圓山大飯店」は憧れとは言いすぎだが一度は宿泊したいホテルであろう。最近では撮影スポットのみになっているきらいも有るが。この「圓山大飯店」は戦後「台湾神宮」の跡地に建てられた「台湾大飯店」を改築(1952’)したものだと「中山北路」に有る台北の変遷を掲示している資料館で知った。

「台湾神宮」は1901’(明治34年)に「剣漂山」に創建され、祭神は北白川宮能久親王と開拓3神(大国魂命・大己貴命・小彦名命)及び天照大神としている。祭神の能久親王は台南の地で抗日勢力の平定中に病死した。これが出征先で病死したヤマトタケルになぞらえられ台湾鎮護の神とされ台湾にあるほとんどの神社が祭神とした。
又、資料館のある「中山北路」は1923’皇太子(昭和天皇)の台湾行啓に際し、「台湾神宮」に参拝する為に作られた勅使街道(現行政院から台湾神宮まえ明治橋、現中山橋まで)が基礎だという事だ。
「台湾神宮」は10/28の「台湾神社祭」に遷座する予定であったが、終戦間近の1944’10/23に圓山の山頂に旅客機が墜落し、そのとき新社殿や鳥居、石燈などを消失したとある。元の神社は?。

これらが、私が知り得た情報なのだが、なにか1部でも「台湾神宮」の痕跡がないか知りたくて出かける事にした。

手前の橋が明治橋(現中山橋)
01125_20100601115410.jpg

    ありし日の台湾神宮        初期の圓山大飯店
台湾神社 IMGP3477.jpg

ホテルへの入口経路は3箇所あります。
「北安公園」側         「剣漂公園」側         「中山北路」側本来の入口 
P5310004.jpg P5310010.jpg P5310027.jpg
「北安公園」「剣漂公園」へはホテルからの地下道が有ると云う事は知る人ぞ知る。

使用されていないトーチカ     国共内戦時の山西省のある部隊を祭っている忠烈嗣
P5310025.jpg P5310020.jpg P5310019.jpg

「圓山大飯店」の正面入口      「圓山大飯店」の威容
     変わり者ゆえまともに正面から撮っていません    
P5310015.jpg P5310001.jpg
新しい台北のランドマーク101を「圓山大飯店」から写す
P5310016.jpg

半日歩き回ったが「台湾神宮」は跡形も無く消えていた。終戦後殆んどの神社は破壊または改築され中華民国の戦死者を祭る忠烈祠になった。1箇所のみ桃園県にある忠烈祠が地元民の強い要望で、日本時代のものがそのままのこされているとの事だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
アジアは広い。極東アジア、シベリヤ地帯のロシア、中央アジア、東南アジア等々。顔や骨格も、トルコ系、インド系、中央アジア系、インドネシヤ・マレー系、東南アジア系、モンゴル系等々。

比較的、顔形が似ていると思っていた漢民族ですが、我々日本人とは骨格も違い、骨太で体がでかい、性格も違う。毎日が発見だ。

最近、「○○○ の ○○」の看板がやけに目に付く。
関連記事
2010.05.29 紗帽谷温泉
殆んど恒例になっている週1の温泉行だ。今日は趣向を変えて、陽明山の温泉の1つ紗帽谷の温泉に行く。本日選んだ温泉の効能書を読むと日本の「玉川温泉」と一緒の湯質だと書かれている。温泉好きの方ならご存知だと思いますが秋田県にある癌治療に効く温泉です。

ここへは「天母」から紗帽山へ登って行きます。この「天母」は日本人学校やアメリカンスクールが有るところで、街並みも西洋ナイズされており、台北でも一味違う雰囲気の街です。当然、日本人、白人も多く居住しており、和食の店も軒を連ねております。その一軒に築地の「銀だこ」も有ります。日本人には住みやすいのですが生活レベルが非常に高いです。

紗帽谷の温泉では46時中演歌を流し続けている「川湯 kawayu」温泉、本日行った「皇池 kouti」温泉に良く行く。2時間ばかり、温泉を楽しみ「天母」の「士東市場」へ食事に行く。

《備考》
正確には「紗帽谷」⇒帽は(糸+冒)と書きます。韓国ドラマなどで官吏がかぶっている黒い帽子に山の形が似ているので名付けられたと云う事です。北京語ではSANMAO、韓国語ではSAMOと発音する。

「紗帽谷」の温泉街        「天母」のオープンマーケット     「士東市場」の寿司屋    
024.jpg P4110035_20100530145649.jpg P4110013_20100530145649.jpg

にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村

アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
台北駅前の現代的な建物が立ち並ぶ一角にそれは有った。大正or昭和初期にタイムスリップをしたような、ノスタルジックな空間が有った。自分の過去をダブらせながら見学すると、時間はアッという間に過ぎた。終わりを告げるチャイムに追い立てられるように家路に着いた。
P5280053.jpg P5280061.jpg P5280072.jpgP5280022.jpg
P5280025.jpg P5280026.jpg P5280047.jpg P5280051.jpg
P5280004.jpg P5280007.jpg P5280009.jpg P5280013.jpgP5280018.jpg

にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking



関連記事
2010.05.27 久しぶりの雨
久しぶりの雨だ。梅雨らしく朝方から降り続いている。

雨音を聞いていると少年時代を思い出し少しロマンチックなった。下校時の雨、母を待つか、友達と相合傘をするか、ビショ濡れになり雨と戯れるか、選択肢はいろいろある。飛跳ね長靴を水浸しにし飛沫をかけ合ったり、雨中で駆けっこをしたり。雨が友達だった。

台風の時には、風圧で傘がひっくり返り、壊してしまった。親の苦労も知らず新しくなるのを喜んだりもした。ごめんなさい。雨降りの共演者は「番傘」だった。金持ちの子供は「こうもり傘」を持っていた。私も欲しかった。

「牡丹に猪」「八尾の浅吉に清二」「・・・・」「・・・・」組合せは無数に有る。只、雨は傘の要らないザーと降ってサとあがる南国の雨が好きだ。石原裕次郎は雨が好きだった。太宰治は雨に人生を見出した。ショパンは雨をものにした。私はただ雨音を聞くだけ。
ランキング集計結果

FC2 Blog Ranking

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。