上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝は快晴、昼から梅雨空に変わる。いつもは運動を兼ねスイミングプールへ30分の距離を歩く。今日は雨、バスで行こう。

バス停の前にジュースと小吃を売っている店がある。運動後の腹ごしらえ用にパンを買いに立寄る。丁度、店仕舞中だった。1つNT$13(¥40)の「三明治」を買った。ところが店仕舞だから残りも持って行きなさいと言う事で買物袋には3つの「三明治」が入っている。と言う事は<13÷3≒4>。なんと日本円で1つ12円でした。

「三明治」はサンドイッチ、「家楽福」はCarrefour、「好市多」はCostcoです。

頂いた「三明治」
P6090001.jpg
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト
「緑島」の後は二つの行程を用意していた。1つは南回りで「墾丁」「屏東」「高雄」「台南」と周るルート、もう1つは「台東」「花蓮」「宜蘭」の東海岸の旅だ。どちらも経験済みなのだが折角ここまで来たのだから、ついでと言う気持が有った。

「緑島」への出発地「富岡漁港」で昼食時に次の行程を相談をしたのだが、フェリーの揺れによる疲労か暑さボケ(33度)なのか、一番安易な「台東」泊、帰宅になってしまった。「台東」宿泊の場合は「国軍英雄館」あるいは「原住民文化会館」の予定をしていたのだが、是も食堂の女将の勧める近所の民宿泊になった。奇麗な新築の3階建ての民宿だった。

宿泊費は民宿がNT$800、「国軍英雄館」「原住民文化会館」がNT$900で似たりよったりだが、民宿からは市内へ出かけるのにバイクが必要だ。リース料NT$300、一番高い選択をしたのかも知れない。民宿に荷物を運び、軽く昼寝をする積りが夕食時まで寝てしまった。「台東」観光は明日にして、夕食をし本日は就寝。

翌日は早朝より「卑南文化公園」に向かう。2~3千年前の新石器時代の出土品の数々を展示していた。台湾原住民はフィリッピン方面から渡来したと云うのが定説なのだが、それは逆ではないかとの仮説が成り立つと云うことだった。フィリッピン方面で新石器時代の出土品が発見されていない事が、その理由の様です。

「知本温泉」「鯉魚山」「天后宮」などの観光スポットは全てパスをした。やり残しの「池上弁当」は「台東」駅で時間待ちに食べる事にする。

「池上弁当」=NT$80

民宿の近所で見かけた水の自動販売機
IMGP3984.jpg

「卑南文化公園」博物館の展示品
IMGP3965.jpg
成人に達した時に前歯2本を抜く儀式です。(これからの苦労を乗り越えられるように)
IMGP3966.jpg

ペーロン大会をしていました
IMGP3979.jpg

池上弁当
池上弁当

関連記事
マリーンスポーツを楽しむ若者達が年間30万人も訪れるようなった「緑島」にも、暗い過去があったと言う事実は政治的意味合い抜きで素通りは出来ないでしょう。

日本時代「火焼島浮浪者収容所」(1911~1919)が作られ、戦後国民党政権により「新生訓導処」(1951~1965)「国防部緑島感訓監獄」(1972~1987)が設けられ、1987年に戒厳令が解除された後「法務部緑島技能訓練所」と改称された。
「新生訓導処」(1951~1965)には2000人超、「国防部緑島感訓監獄」(1972~1987)には約400人の人々が獄につながれた。
(台湾人権緑島園区に置かれているパンフレットからの引用)

現在の「緑島」には別の場所に「緑島監獄」があり約130人が収容されている。ゲートの前では収容者が作ったのであろう工芸品が陳列されていた。販売もされていたのかも知れない。雨降りだったのでゆっくり観察しなかった。


「新生訓導処」「国防部緑島感訓監獄」「法務部緑島技能訓練所」の全景
IMGP3914.jpg

独居房
独居房

収容者の作品
IMGP3898_20100623112225.jpg

現在の刑務所(雨中の撮影の為ピンボケ)
緑島監獄-1

商魂逞しい監獄をイメージの氷屋さん
氷獄-1
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
今日は「ダイビング」と「温泉」に行こう。じゃまくさい衣服は脱いで水着で一日中行動だ。朝食を済まし、地球の引力に負け気味の裸体をバイクに乗せ熟年ライダーは行く。肉が風にタナビク程では無く一安心。

ダイビングスッポトは「柴口潜水区」「大白沙潜水区」「石朗潜水区」などが、あるらしいが今日は「柴口潜水区」へ行く。まずは、ウエットスーツを着込み呼吸の練習、その他もろもろの注意事項の指導を受け海中に侵入する。いるはいるは、色とりどりの魚の群れ、美味しそうなウニ、ナマコ。ビックリはウツボがこちらを睨み付けていた。

シャワーで海水を流し、水着のまま朝日温泉に出発。20分程度で到着。一番先端の湯溜りに行き、もぐってみると魚がいた。魚と一緒に入浴、趣向が変わって面白い。ここの魚は女性好き?足を突きにくる。大根と間違えたのかも?。失礼しました。ジャグジーや、水圧マサージ等もあり、かなりの時間を遊んだ。

帰りに端から端までが10m程度の繁華街に立寄る。立寄った唐揚屋の主人が四方山話をしてくれた。「島で一番高い山は284m。ある年、雨が一滴も降らず山火事が起きた。それで、その山を火焼山と言う」「イルカやクジラが島に近づく季節が有る」「台東に行く時、自分は飛行機の15分の揺れより、フェリーの40分の揺れを選ぶ」等々。話が長すぎて女将さんに叱られていた。すこし可哀想だった。

朝日温泉からの眺め                  
朝日温泉 
島中にある「林頭果」(スープにして飲む果物)
IMGP3855.jpg
緑島空港
AirPort-1.jpg
様々な揚げ物                                  
夕食-3
監獄を模した氷屋さん
氷獄-1
ダイビングは民宿料金にはいっていた=NT$3600
朝日温泉入浴料=NT$200                    (2010’6/15)

にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
台湾の南東に浮かぶ、「緑島」(Gree-Island)と「蘭嶼」(Orchid-Island)の二つの島の「台東」に近い方の島、「緑島」に来ています。「蘭嶼」島は殆んどの住民が原住民「雅美族」で3000名あまりが生活している島です。今回は「緑島」からフェリーで「蘭嶼」に渡るつもりだったのだが、なぜか現在は欠航になっていた。地元の人が観光化を嫌がっているのかも知れない。

私達の民宿はフェリー離発着港「南寮漁港」からバイクで10分ぐらいの「公館村」に有る。ここから右廻りに観光スポットを見て廻る事にした。二人乗りバイクで島一周に出発で~す。
民宿「藍色珊瑚島」        「公館鼻」
IMGP3805.jpg 公館鼻

「文化園区」
IMGP3888.jpg IMGP3898.jpg IMGP3899.jpg

「将軍岩」             「牛頭山」             「観音洞」
将軍岩-6 牛頭山 観音洞-4

「柚子湖」 廃墟跡        「海参坪」から眺める「哈巴狗 睡美人」。真近ではダイビングに興じている
IMGP3837.jpg P6150092.jpg

雨に煙る「朝日温泉」
朝日温泉 P6150068.jpg

夕暮れの「大白沙」
P6150062.jpg IMGP3928.jpg

ダイバーは見かけるのだが、サファーを全然見かけなかった。良い波がたっているのに、もったいないと思う? (2010’6/14.)
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
300人は乗れる高速艇が満席だ。我々は2階に陣取った。座って最初に目に入った物はシートにぶら下げられたナイロン袋。これは、船酔いの人が使うアレ用だ。シートの汚れを防ぐのが当初の目的か、親切心か、どちらでもいい事だが、ちゃんと用意されている。私達には不要だ。私達は魚釣りで船酔いの苦しさを何回も経験しているので薬を1時間前に飲んでいる。準備万端だ。

ぶら下げられたナイロン袋
高速船内

港を出て10分もしない内に来た来た。聞きしに勝る大波だ。先ほどの自信は何処へやら・・・・。こうなれば寝るに限る。40~50分は乗ったのだろう、「台東」から33k離れた孤島「緑島」の南寮漁港に、おかげさまで何事も無く着いた。この島のベストシーズンは6月~9月と聞いていたが、それにしてもフェリーから降りる人人人だ。

港には、民宿「藍色珊瑚島」のオーナーの出迎えがあり、チェクイン前にバイクをレンタルするという事だった。女将の説明によると島の人口は3000人弱、それに対しレンタルオートバイは6000台有るようだ。大概が2人乗りをするので12000人の観光客の受け入れ態勢は出来ているとの事で、シーズン中は島民の倍以上の観光客が島をウロウロするようだ。レンタルバイク以外にもゴルフカートが数十台用意されている。料金はバイクNT$200/日、ゴルフカートNT$1400/日、少しゴルフカートが割高だ。

ガソリンを給油するバイクの列
IMGP3803.jpg

さて、民宿のチェクインも終わり行動開始だ。
IMGP3805.jpg

高速船=NT$460/片道 (2010'6/13)

にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
台北の梅雨空を逃れるように南海の孤島へ向かった。「緑島」は「台東」市の東33kの海上に浮かぶ全周20kばかりの珊瑚礁に囲まれた美しい島だ。過去には暗い監獄島としての歴史も有るが、今は台湾有数のリゾート地になっている。

私の住む台北から「緑島」へのアクセスは(1)松山空港~台東空港 飛行機、(2)台北~台東 台鉄東幹線、(3)「台東」富岡漁港~「緑島」南寮漁港 高速艇 、(4)大東空港~緑島空港 セスナ。この組合せしかない。今回の旅は、最も時間がかかり体力の要る(2)+(3)を選択した。時間に縛られる事なく、行動できる私の唯一の贅沢だ。

さて、旅の始まりだ。タクシーで「松山」駅に乗りつけ、23:13発「莒光号」に乗車する。「台東」着は翌朝6:00。夜汽車は大阪~東京間を45年ぐらい前に乗ったきりだ。なぜかワクワクする。ビール・ウィスキー・肴、準備OK、あとは気持よく飲んで気持よく目覚めるだけだ。

雨の都・漁港で有名な「基隆」、冷泉で有名な「宜蘭」、大理石の太魯閣渓谷で有名な「花蓮」を通過し、台湾の穀倉地帯「池上」駅に到着するあたりで目が覚めた。この一帯の米は美味しく「池上」駅の駅弁は全国的に有名だ。このブランドにあやかった「池上弁当」の看板は台北市内でも良く見かける。
「池上」駅近郊の朝焼け
池上付近 朝焼け-2
「池上」駅を出発し40分ほどで「台東」駅に到着した。現在の駅は市内からバスで20分ほど離れており、田圃の真中に駅だけがポツント有るような感じだ。ここから、フェリー乗り場の富岡漁港へ行くわけだが高速艇の出発時間は9:00。たっぷり3時間、有る。富岡漁港行きのバス出発には1時間以上あるがここで時間をつぶす事にした。駅構内をウロウロしたが早朝なので池上弁当も売っていない。案内表示も何も無い片隅に観光案内パンフレットが置いてあった。日本語案内書を数部いただく。
田園景色の「台東」駅
台東駅-1
富岡漁港では、出発までの小1時間を魚市を見たり、朝食を食べながら過ごした。
セリ前の準備中の魚市場     富岡漁港に有る原住民部落の集会所  
富岡港魚市-3  富岡港-3

台鉄=「松山」~「台東」NT$595
バス=「台東」~「富岡漁港」NT$23
(2010’6/12)
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
今日から「緑島・蘭嶼島」へ1週間ぐらいの予定で友達夫妻と出かけます。台湾東南部の太平洋上に浮かぶ珊瑚礁に囲まれた美しい島です。

「緑島」Luidaoは別名Green-Island    「蘭嶼島」Lanyuは別名Orchid-Island



関連記事
古いマンションの屋上には、部屋らしき構築物が有る。実は部屋らしきではなく部屋そのものだ。

何階建てのマンションでもいいのですが、例えば3階の部屋の天井は4階の部屋の床、4階の天井は5階の床・・・・・。天井と床を共有するわけですが、唯一、上階に居住室の無いのが最上階です。そこで、最上階の部屋の所有者達が屋上の「床」を所有する事が出来るとの理屈が成り立つ訳です。

という事で、屋上の構築物は最上階の人達の構築物です。屋上からの漏水が有れば、漏水場所の真下の部屋の人が補修します。

さすがに、新しいマンションでは、こうゆう事はありません。
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
桃園県忠烈祠に現存する当時の物は、本殿・拝殿・社務所・手水舎・その他3棟、石碑、鳥居、狛犬、灯篭、銅馬など。
説明によると鳥居は3基あったが現存するのは1基。狛犬は2対だったが現在あるものは1対で1986’複製された。
銅馬は当時のまま。(腹部にある菊の御紋は削られていた。案内書には磨耗したと書かれている)

当日は男女ペアーと男性、私の4人が訪れているだけだった。社務所にいる案内人は地元の旅行者の人が委託を受けているようだった。彼は私が日本人と分かると、日本語のパンフレットを手に説明をしてくれるのだが、誠に理解に苦しむ日本語で、早々にその場を退散した。

興味の向くまま、シャッターを押し続けた後は、しばし瞑想。とゆうか、木陰にはいると気持よくバス探しで疲れていたのか居眠りをしてしまった。帰りのお礼に社務所を覗くと、先ほどの人が本を片手に出てきた。なんのことは無い、私に日本語の読みを教えろという事だった。なんでも8月に受験する通訳ガイド試験の準備という事だった。特別日本語教室開校だ。私の教え子は、ひらかなは書けた。多分合格は?だ。

日本語教室の後のハプニング。今度は奥から30年愛用している、日本の流行歌の本だという物を持ってきて、いきなり歌い始めた。題名は「オチバシグレ」、オチバシグレノ、ネムレヌヨルハ・・・・・・・・・・・。鬱蒼と茂る木々に抱かれた神社をバックに2人の男のドラ声が響きわたった。続けて3~4曲合唱。先ほどの感動は何処へやらだ。

ここへはバスで10分も走らずに着いたので、帰りは徒歩と決めていた。管理人は徒歩は止めろ、バスにしろと言ったが初志貫徹、歩く事にした。「犬も歩けば棒にあたる」昔の人は良い事を言った。
途中に土日祭日休み、1日2便の超超マイナーな鉄道路線の「国立桃園高中」駅が有った。
「虎頭山公園」の歩道にズラーと並ぶ路上営業の散髪屋さん。
この2つは車で通り過ぎると絶対発見できない台湾だろう。

それにしても駅は遠かった。ぶらぶら立寄りながらの徒歩だが、正味50分は歩いただろう。疲れた、オーバーワークだ。今日の出費は、朝食NT$34、昼食NT&55、水NT$42、バスNT$20、台鉄NT$44×2、地下鉄NT$70、締めてNT$309(¥930)。楽しかった。

超超マイナーな路線「国立桃園高中」駅     「虎頭山公園」路上散髪屋さん    
桃園高中駅           虎頭山公園

にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。