上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾で急にもよおした時、公衆便所が見当たらない時の「お助マン」。街角のいたるところにあるセブン・イレブンを探してください。トイレのマークの看板が出ていれば気持ちよくお借りできます。

借り賃は、気は心、少しばかりのお買いものを!
P1300001.jpg

にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

関連記事
スポンサーサイト
瑞山里の「日本語教室」「カラオケ教室」「ダンス教室」合同の「望年会」開催。勿論、第一声は里長さんの挨拶で始まりました。

1人1品、持ち寄った食べ物の数々。数えたら33品ありました。
P1270004-thumbnail2.jpg

カラオケ熱唱中。
P1270020-thumbnail2.jpg

こちらはダンスに興じています。
P1270012-thumbnail2.jpg

会場内で歳末の助け合いバザー風景
P1270009-thumbnail2.jpg

売上金。締めて?でした。
P1270015-thumbnail2.jpg
関連記事
豊かさを求めるのは、いずこも同じで台湾の都心部では3軒に1軒は共働きのようだ。それが、生んだ新商売がこれだ。
P1150002.jpg
日本でいう託児所で、役所の認可が要ります。ここで食事、宿題、勉強の世話をし、親が迎えに来るまで預かります。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
関連記事
新年が来ると、新しい「春連」というものを入口の3方向に貼ります。これが不思議と1年中貼りっぱなしなんです。日本風に考えると幕の内だけで良いと思うのですが。

そして、これが目が痛くなるような「赤」色。この色は他にも飾り物、年賀状、お年玉袋などに使われます。この赤色が旧正月にかけて街中を埋め尽くします。
春連
関連記事
市定文化財・(現)中山基督長老教会を訪れる。MRT中山駅から10分程度の距離だ。この一帯は戦前、多くの日本人官吏が暮らした地だ。現在は沢山の日本人駐在員御用達の飲食店が軒を並べる歓楽街になっている。この一帯で北京語を覚える駐在員が多いので別名「林森大学」とも言われる(ジョーク)。

教会は四条通り(長安東路)に面して建っている。1917年(大正6年)大橋麟太郎により基督教聖公会大正町教会が設立された。現在の建物は1937年(昭和12年)黒と白を基調とする英国ゴシック様式で建築された。
【建物】1937年(昭和12年)。市定文化財。
【場所】MRT中山駅徒歩10分。中山区林森北路62号。
「聖公会大正町教会」は長安東路と林森北路の交差点南西角に有り、交差点北東角には長安天主堂の対照的な建物が有る。
黒白のコントラストが荘厳な雰囲気を醸し出す基督教聖公会大正町教会。
IMGP7570.jpg
十字架が無ければ、ただの中華風建築物にしか見えない長安天主堂。
IMGP7573.jpg

中山北路を超え長安西路に入ると古跡認定を受けている日本時代は[台北職業紹介所][建成小学校]と言われた歴史的建築物が建っている。
全容を移すのが困難なほど立派な[建成小学校]、(現)当代芸術館、建成国民中学です。
IMGP7611.jpg
[建成小学校]の隣に建つ「台北職業紹介所」(現)台北市身心障害礙福利会館です。
IMGP7617.jpg
両建物共1921年(大正10年)第一次世界大戦後の戦後恐慌の中で建築されているのですが建物を対比すると政府が教育に力を注いでいたことがよくうかがえる。

又、この長安路と中山路の南西交差点には有名な名物おじさんのいる「林桶店」がある。少し心配事がある。杞憂に終わる事を願う。趣のある立派な建物だ。
IMGP7599.jpg
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。