上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.27 阿里山鉄道
全線復旧が待たれる阿里山鉄道ですが、またまた先延ばしになりそうな事故が本日(4/27)神木線で起きてしまった。
事故内容は走っていた列車の上に巨木が倒れ、列車転覆を引き起こしたようだ。中国人観光客61名が重軽傷を負い、5~6名が死亡したとのことだ。更に犠牲者が増える可能性がある。







    関連記事
    スポンサーサイト
    全線復旧が待たれる阿里山鉄道ですが、またまた先延ばしになりそうな事故が本日(4/27)神木線で起きてしまった。
    事故内容は走っていた列車の上に巨木が倒れ、列車転覆を引き起こしたようだ。中国人観光客61名が重軽傷を負い、56名が死亡したとのことだ。更に犠牲者が増える可能性がある。
    関連記事
    2009年7/4正式開通した捷運(地下鉄)文湖線の一駅[内湖]を歩く。内湖区内には台北駅方面から[西湖][港乾][文徳][内湖][大湖公園][葫洲][東湖]の7駅がある。水に関係する駅名が多いのは内湖区全体が湖だったからだ。

    内湖文化史研究家[陳金讃]氏に紹介いただいた土地の生き字引[謝樹地]さんによると、戦時中は台北市内からの疎開や食物を求める人が日参してきた。その交換レートは台北市内の家一軒とガチョウ一匹だったと言って笑われていた。空襲でいつ焼けるかわからない市内の家は値打ちがなかったのだと。

    戦後の住宅需要の最盛期には住宅建築用のレンガを作る工場が30か所余り稼働し、MRT港乾駅の[内湖高工]一帯では赤土を取る為3m程度掘り下げた地中から、流木やイカリの鎖などが発掘されたという。

    その内湖にも昭和30年頃になる人口増による宅地化の波が押し寄せ1200haの田圃が失われ今は新興住宅街になってしまったと、昔の風景を懐かしむような顔をされていた。

    日本時代の建物「内湖庄役場会議室」これに隣接し「米穀局統制倉庫」「派出所」の3棟が残されている。
    1930年竣工の「内湖庄役場会議室」は古跡認定されている。戦後、一時期「中山堂」として使われたようだが現在は「区民活動センター」として利用されている。
    【建物】1930年(昭和5年)。市定古跡。
    【場所】MRT内湖駅徒歩10分。内湖区内湖路2段342号。
    内湖庄役場会議室-1.JPG
    「米穀局統制倉庫」は一部を残し駐車場に変わっている。
    米穀統制倉庫-1.JPG
    [派出所]は道路をへだてた全面の新館に移動している。旧舎は2010.10月初旬取り壊されます。
    内湖派出所-3.JPG
    前述の「謝樹地」さんによると、私達は今でも「会議室」と呼んでいるとの事だった。「内湖庄役場会議室」の並びには[郵局倉庫]や戦後建築されたであろう[区役所戸籍事務所]の建物などがあり、この一帯が内湖の役所街だったことがうかがえる。[区役所戸籍事務所]が利用していた建物と「派出所」は解体される運命だ。
    内湖区戸籍事務所-1.JPG
    「謝樹地」さんは、大正11年生まれの88歳の矍鑠たる人物で、美しい日本語を話され、今でも日本のTV番組を通じて日本と繋がっている、そして内湖庄役場に昭和16年から46年2か月26日間、勤めた、そしてこの間、役場を離れたのは軍事訓練の6か月間だけだと話された。まさに内湖地区の生き字引のような人だ。

    戦前、戦中、戦後のお話の中で終戦時、日本政府の指示により、3日3晩かけて、役場内にある全書類を焼却したという話、そしてNHKの[のど自慢][相撲]を必ず見るとの事には、何か考えさせられるものがあった。又、終戦時には54人いた役場職員が国民党政府によって18人に減らされてしまった、私は18人の中の一人だった、とも言われていた。





      にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
      にほんブログ村
      ... 続きを読む
      関連記事
      台湾は南国フルーツが豊富な土地で内でも台南附近には有名な産地が沢山ある。そんな果物を扱って台南で一番古い果物屋さん「莉莉水果店」が「台南愛国婦人会館」の隣に有る。
      水果店.JPG


      【台南愛国婦人会館】
      【建物】大正年間(竣工時期不明)。市定古跡。
      【場所】台南市府前路1段195号
      今回訪問時は工事囲いが取れ奇麗に改修されていた。従前通り台南市立図書館として使用されているのだろうか。
      IMGP7303.JPG

      関連記事
      台中公園「湖心亭」
      基隆~高雄(打狗)間408.5kが全通し、半年後の1908年(明治41年)10/24縦貫線全線開通式典が台中公園で開催された。貴賓、来賓、1360余名が招かれ盛大な式典が催された。「湖心亭」は式典参列の要人の休息所として設けられたものです。和式とも洋式とも中華風とも、思えぬなんとも不思議な姿の建物だ。
      【建物】1908年(明治41年)竣工。市定古跡。
      【設計】福田東吾
      【場所】台中市公園路37号-1。
      IMGP6942.JPG

      【台中駅】
      【建物】1917年(大正6年)竣工。二級古跡。
      【設計】
      【場所】台中市建国路1段172号。
      IMGP6924.JPG

      台中駅開業は1905年(明治38年)ですが、写真のメイン駅舎は1917年3/21完成している。旧台北駅舎が無くなった今は、日本時代の駅舎建築を代表するものです。古跡認定を受けている駅舎建築は他に「新竹駅舎」「嘉義駅舎」「勝興駅舎」「泰安駅舎」が有る。

      【台中後駅】
      旧・台湾糖業鉄道の台中駅。昭和を思い出す、いい雰囲気の駅舎だ。
      IMGP7058.JPG
      関連記事
      【建物】1921年(大正10年)竣工。市定古跡。
      【場所】MRT中山駅徒歩8分。中山区長安西路15号。
      第一次大戦後の戦後恐慌の中、失業者に職業斡旋や技術訓練を施す為、台北職業紹介所を建設した。
      戦後台北市衛生局となり現在は台北市身心障礙福利会館として、障礙者の学習と交流の場となっている。
      IMGP7616.JPG

      長安西路に面し、長安西路と中山北路の交差点から西へ20m。当代芸術館の隣。

      にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
      にほんブログ村
      関連記事
      2011.04.24 文化輸出
      慣らされた車内光景が有る。女性の化粧姿だ。いつの間に大和撫子がこんな変な女になってしまったのだろう。一部の女性の行為だと思うが、それにしてもこの場面に出くわす事が多い。

      遂に車内化粧が台湾に輸出されてしまった。約1年半の台北生活で車内食事光景は何度も見るが今日始めて車内化粧光景をみた。しかも昼の1時頃だ。朝寝坊して家で化粧をする時間がなかったのではなく、まるっきりの確信犯だ。

      対面に座っていたので見るとはなしに一部始終見てしまった。少し不愉快。before&after余り変わりなし。女性の化粧は本来は隠微で有るべきはずなのに、この光景は本当に嘆かわしい光景だ。





        にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
        にほんブログ村



        関連記事
        行政機関が集中している、中正区の旧・総督府」裏に「総統副総統文物館」が開館された。と言っても新築の建物ではなく、日本時代の1924年(大正13)に建てられた(旧)総督府交通局のリニュアルオープンだ。

        総督府営繕課 森山松乃助の設計によるバロック建築で、内部は西洋の古典様式を取り入れた日本の香りが充満する空間になっている。

        変遷の多い建物で、日本時代は「総督府交通局」、戦後「行政院交通部」、その後2007年「国史館」、更に3年半の歳月をかけ内部の大修復を行い本年2010年10月10日の国慶日に「総統副総統文物館」として開館された。現在の館内には総統・副総統が外交の席で諸外国より送られた土産物などが展示されている。
        【建物】1924年(大正13年)。市定古跡。
        【設計】総督府営繕課 森山松乃助
        【場所】MRT・西門駅(3番出口)から徒歩10分 (博愛路と長沙街一段の南西交差点)
        IMGP4474.JPG
        関連記事
        台北には多くの歴史建築物が残されており、古跡に指定されているものも多くある。その中でも筆頭は、南国の風を受け青天白日滿地紅旗を、たなびかせている中華民国総統府、かっての台湾総督府だろう。写真では伝わりませんが威風堂々とした威容に圧倒され旅行雑誌で得た知識が、もろくも崩れ去りました。私の実感では日本近代建築物の中でも筆頭にあげられる建築物のような感じが致します。

        【建物】1919年(大正15年)竣工。国定古跡
        【設計】長野宇平治 森山松之助
        【場所】MRT新店線[台大病院]駅から徒歩6分 (台北市中正区重慶南路一段122号)
        P6050049.jpg
        [東門]から延びる[凱達格蘭大道]が突き当たる[重慶南路]に面する日本統治50年間で建築された最大の建築物だ。台北の日本人居住区である城内のほぼ中央に位置し、高さ60mの中央塔(台湾初のエレベーターが設置されている)からは、当時の台北全体を見渡せたそうだ。
        P6050061.jpg
        建物は日本の方向、東向きに建っており、上から見ると、日本の日を型取っています。そして四隅の出っ張り部分は喫煙室だったそうです。
        台湾総督府.jpg
        《PS》
        現在、1F部分は一般公開されており、ボランティアの白髪の、お爺さんが「戦後の日本人の生き方」「自分達の生きた戦前の日本」、日本への思いを込め一生懸命に、歴史を語ってくれます。白髪のお爺さんは元日本陸軍特別志願兵「蕭錦文」さん84歳です。私達戦後の日本人が捨去った日本人の心を持った素晴しい日本人(台湾人)です。

        ... 続きを読む
        関連記事
        人との出会いは不思議なものだと改めて思う。ネットの趣味の倶楽部を通じて存じ上げた方と初めて台北でお会いした。数十年の海外生活を終え五島列島へIターンをし晴耕雨読の生活を送られているニックネームを「ひぜんごとう」という方だ。

        長崎は肥前の国、お住まいが五島列島という事で「肥前の五島列島」をもじって「ひぜんごとう」と名乗られている。この「ひぜんごとう」さんが2年振りに台北に戻ってこられた。短い滞在期間中に2度もお会いさせていただいた。私にとっては今回初めてお会いした方と思えない様な親近感を感じる人だった。

        今日はこの「ひぜんごとうさん」と台湾に語学留学されている方と3人で、林森公園の北側にある「天仁銘茶」でお茶を楽しみながら話に花を咲かせた。この「天仁銘茶」は「ひぜんごとうさん」の馴染の店で長居を許していただいた。





          台湾生活、習慣の違い、言葉、文化の事など、話のネタは尽きない。勿論、食の話もでた。魚が話題に上る、焼き魚が台湾に無い事を訴える。ところが有りました。今、お茶を楽しんでいる目と鼻の先の「欣欣百貨」の2Fに有る「藍屋」に有るのです。それも塩サバ。脂がのっていて日本でもお目にかかれないような味だ。
          P4220013.jpg

          P4220007.jpg  P4220009.jpg  P4220010.jpg

          P4220011.jpg  P4220012.jpg  P4220014.jpg
          会計はNTD499。値段、量、質、味、大満足の一日だった。
          P4220008.jpg
          美味しかった、「ひぜんごとうさん」有難うございます。謝謝!!!。又の訪台をおまちいたしております。
          にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
          にほんブログ村
          にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
          にほんブログ村

           

          関連記事
          上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。