上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.31 淡水を歩く
梅雨の終わりには「夕陽の淡水」、という事でワイン片手にMRTに乗り込む。夕陽の前に老街を散策、東洋と西洋が混ざった面白い街だ(台湾北部の開発に功績のあったカナダのマカイ牧師に関係するものが多い)。
(1)マカイ・ストリートの入り口に建つ巨大なマカイ頭像
マカイの頭像
(2)マカイ医院
P5040033.jpg
(3)淡水礼拝堂
淡水礼拝堂
(4)牛津学堂  是非実物を見て欲しいですね
P5040047.jpg
(5)真理大学
P5040038.jpg
(6)紅毛城「1629年にスペイン人が築き、当時はsandominngo城と呼ばれていた。
P5040041.jpg
(7)紅楼「淡水の商人、李怡和」が厳選された建材を使い4年の歳月をかけ建築しました。
P5040020.jpg
(8)紅楼から対岸を
P5040019.jpg
(9)日本の警察署跡
P5040004.jpg

この後、一瞬の沈みゆく太陽のショーを眺めながらワインと料理で今日を締めくくる。(20110531)
⇒台北の民宿「ペンション悠遊村」
関連記事
スポンサーサイト
なんでもない新発見。誰でも知っている事で北京語では自動車は「汔車」、電車は「火車」と言います。
そして日本と同じく車庫は車庫でした。私にはこんな事がまだまだ面白く感じるのです。
P5290002.jpg
マンション近所の河川敷公園。上流は淡水まで続いているそうだ。日曜日の午後、サイクリング、犬の散歩、器具運動、ランニング、魚釣り、サッカー、バスケット、花栽培、等々に興じる人々で一杯だ。
P5290001.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 民宿へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村





    関連記事
    2011.05.28 北投温泉
    地元では北投というよりは天母ないしは紗帽谷の温泉と言われている。本日選んだ温泉は「皇池温泉御膳館」だ。日本の「玉川温泉」と一緒の湯質の人気のある温泉だ。「玉川温泉」とは温泉好きの方ならご存知の秋田県にある癌治療に効く温泉です。
    024.jpg
    こちらの温泉は大概食事ができるようになっております(日本の温泉旅館の日帰り版です)。この皇池温泉では日本人が食事の注文に困る事は有りません。男の番台に76歳の張秀麟氏が座っておられて頼めば食事処に駆けつけて料理内容を説明してくれます。この方も日本人には優しく必ず声をかけてくれます。

    皇池温泉のお勧め料理は注文してから作る「御粥」です。調理に2時間程度かかるので注文してから入浴します。料理を注文すれば当然入浴料の割引があります。

    《備考》
    正確には「紗帽谷」⇒帽は(糸+冒)と書きます。韓国ドラマなどで官吏がかぶっている黒い帽子に山の形が似ているので名付けられたと云う事です。北京語ではSANMAO、韓国語ではSAMOと発音する。
     にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
    にほんブログ村





      関連記事
      士林夜市から少し離れたところにこの店はあります。いつ前を通っても列を作っております。2008’の北京ダック料理コンクールで優勝した店です。食文化の発達した国らしく、あらゆる食に関するコンクールが開かれております。
      丸ごと綺麗に料理されたダックが今日の食卓にのります。
      P5210009_20110527164934.jpg


      にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
      にほんブログ村
      にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
      にほんブログ村






        関連記事
        上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。