上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.11.投稿 リメイク

「簡単に行けない・・・・・」大層なタイトルをつけました。台湾には「日式・・・」「和風・・・」など日本を売りにした商売が沢山有ります。

食べ物やさんの世界でも10年前は和食の店に行く事はステータスシンボルでタクシーの運ちゃんの一か月分の稼ぎが飛んでしまうような料金でした。*「運ちゃん」という単語はこちらに残っております。

そして民宿「悠遊村」 http://longstay-tw.seesaa.net/の近所にある「お多桑」(おとうさん)は何故簡単に行けないか、予約が取りにくい⇒no、政財界人御用達⇒no、べらぼうに高い⇒no、隠れ家的な店なので場所が説明しづらいだけです。
P6090014.jpg

P6090012.jpg

P6090010.jpg

P6090005.jpg

P6090009.jpg
小気味の良いお兄さんが見事な包丁捌きをみせてくれます。板さんのチェックは鮪の赤身で。ワサビは生山葵、皿の手前は炙り、刺身のツマも心得たものでした。
P6090003.jpg
台湾でしか食べれない緑竹筍。台湾人はマヨネーズで食べますが、私達は勿論ワサビ醤油で食べます。
P6090004.jpg
「皮付きミニトーモロコシ」「カマスの塩焼き」「ザーサイ」「カルビ・トントロ・牛ねぎ・各串焼き」「明太子の手羽焼き」「キムチ」「鮭のにぎり」「冷酒山田錦」×2 「キリンビールの一番搾り」「ハイボール」。料金はNTD1800(¥5400)、気持ちよく食べて飲みました。

PS.
台北には日本人夫婦が経営する民宿「悠遊村が有ります。
関連記事
スポンサーサイト
2011.0.19.リメイク

【台北州庁舎】 (現)監察院
【建物】1915年(大正4年)竣工。国定古跡。
【設計者】森山松之助  他に総督府・総督官邸・専売局などの官庁建築が有る。
【場所】MRT台北駅から徒歩5分(7番or8番出口)。台北市忠孝東路1段2号。
    台北駅から東へ200m、忠孝東路と中山南路の南東交差点。
IMGP7646_20110419020525.jpg
台湾省政府衛生処、教育庁を経て1958年より監察院として使用されている。監察院は各種国家機関や公務員を監督・調査及び財政状況・決算等の会計監査を行う国家機関です。さらに中山南路を200m程度南下すると濟南教会がある。

台北州知事公舎
台湾大学法学院正門前にある旧[台北州知事公舎]です。MRT善導寺駅5番出口、延紹興南街を南に10分。
現在はカルチャースクールや喫茶食事ができるスペースとして保存利用されています。このような形で利用されている日本時代の建築物は、台北市内だけでも、数か所あります。





    関連記事
    今日の台北は11度、非常に寒い。ご近所様と車2台に分乗し、陽明山の温泉に行く。

    途中、立ち寄り地鶏のスープ料理を食べる。この鍋は水分は米酒のみ。鍋に火をつけアルコールを飛ばしているところです。
    陽明山 地鶏鍋
    出来上がり。
    陽明山 地鶏鍋-2
    鄙びた雰囲気の露天風呂。お湯は最高。
    馬槽花芸温泉
    関連記事
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。