上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台北駅東方500mの中山北路と市民大道の交差点にある[国父史跡館]へ行く。孫文は3度台湾を訪れているのですが、この建物は1913年2度目の来台時に宿泊した日本旅館「梅屋敷」を再現した建物です。

池のほとりでは雨中、女性が微笑みながら水面を見つめていました。
IMGP7627.jpg

「梅屋敷」は日本人「大和宗吉」が1900年に建築した4面を縁側に囲まれた約50坪の長方形平屋建ての日本旅館である。旧址は現在地より50m南西の地、日本時代は御成町と呼ばれた地にあった。地下鉄工事の為1983年現在地に移築され、1986年11/12日、国父の誕生日に合わせ竣工祝いをした。
IMGP7628.jpg

2009092322542371b.jpg   2009092322540242f.jpg

1946年に[国父史跡紀念館]に、1998年には台北市歴史建築指定、更に[国父史跡館]に命名変更した。館内には、孫文の関係文物史料、写真、サンフランシスコ在時に使用した執務用の机、椅子等が展示されている。
200909232255046e9.jpg

床の間に掛けられている額「博愛」は、1913年宿泊時に「大和宗吉」に贈られたものです。(フラッシュ不可の為、暗い)。
IMGP7631.jpg

孫文は日本風に言う姓は孫、名は文である。そして字を逸仙、号を中山と言った。「逸仙公園」は孫文の字からきています。「梅屋敷」の由来通り往時は梅が咲き乱れていたのだろう。訪れた時は蕾の状態でした。案内の人は、もう少し経つと白とピンクの花が咲き綺麗ですよ、と言っていた。

【建物】1900年(明治33年)竣工。市定歴史建築。
【設計】
【場所】MRT台北徒歩10分。

IMGP7638.jpg
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。