上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台北は市内、市外を問わず、マンションの建築ラッシュだ。日本国内の建築事情を知る者にとっては、羨ましい限りだ。一方、マンション価格も高騰中だ。このところの為替レートは約10,000円はNT$3,400前後だ。日本での私の所有物件が170万/坪、こちらの同環境の物がNT$80万(¥240万)/坪で日本よりも高価格だ。

その上、こちらの1住戸の面積は平均50坪ある。と言うことは、ほとんどの物が億ションである。知人と話したのだが、景気はかなり冷え込んでいる上に、ここ10年間は給料も据置きが一般的らしい。誰が、この高価な物を買えるのだろうか?。売れ残り物件もかなり有るらしい。建築で景気を支える意図が有るのだろうか?

この異常事態は日本のバブルどころでは無い様に感じる。日本の1/2以下で生活できる国のマンション価格が1.5倍だ。どの様な決着になるのか、はなはだ心配だ。表向きはダメなのだが大陸からの投資がかなり入っている様に伝え聞く。(2009.7.8)
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/137-622322d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。