上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桃園県忠烈祠に現存する当時の物は、本殿・拝殿・社務所・手水舎・その他3棟、石碑、鳥居、狛犬、灯篭、銅馬など。
説明によると鳥居は3基あったが現存するのは1基。狛犬は2対だったが現在あるものは1対で1986’複製された。
銅馬は当時のまま。(腹部にある菊の御紋は削られていた。案内書には磨耗したと書かれている)

当日は男女ペアーと男性、私の4人が訪れているだけだった。社務所にいる案内人は地元の旅行者の人が委託を受けているようだった。彼は私が日本人と分かると、日本語のパンフレットを手に説明をしてくれるのだが、誠に理解に苦しむ日本語で、早々にその場を退散した。

興味の向くまま、シャッターを押し続けた後は、しばし瞑想。とゆうか、木陰にはいると気持よくバス探しで疲れていたのか居眠りをしてしまった。帰りのお礼に社務所を覗くと、先ほどの人が本を片手に出てきた。なんのことは無い、私に日本語の読みを教えろという事だった。なんでも8月に受験する通訳ガイド試験の準備という事だった。特別日本語教室開校だ。私の教え子は、ひらかなは書けた。多分合格は?だ。

日本語教室の後のハプニング。今度は奥から30年愛用している、日本の流行歌の本だという物を持ってきて、いきなり歌い始めた。題名は「オチバシグレ」、オチバシグレノ、ネムレヌヨルハ・・・・・・・・・・・。鬱蒼と茂る木々に抱かれた神社をバックに2人の男のドラ声が響きわたった。続けて3~4曲合唱。先ほどの感動は何処へやらだ。

ここへはバスで10分も走らずに着いたので、帰りは徒歩と決めていた。管理人は徒歩は止めろ、バスにしろと言ったが初志貫徹、歩く事にした。「犬も歩けば棒にあたる」昔の人は良い事を言った。
途中に土日祭日休み、1日2便の超超マイナーな鉄道路線の「国立桃園高中」駅が有った。
「虎頭山公園」の歩道にズラーと並ぶ路上営業の散髪屋さん。
この2つは車で通り過ぎると絶対発見できない台湾だろう。

それにしても駅は遠かった。ぶらぶら立寄りながらの徒歩だが、正味50分は歩いただろう。疲れた、オーバーワークだ。今日の出費は、朝食NT$34、昼食NT&55、水NT$42、バスNT$20、台鉄NT$44×2、地下鉄NT$70、締めてNT$309(¥930)。楽しかった。

超超マイナーな路線「国立桃園高中」駅     「虎頭山公園」路上散髪屋さん    
桃園高中駅           虎頭山公園

にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/147-66dfe632
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。