上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
300人は乗れる高速艇が満席だ。我々は2階に陣取った。座って最初に目に入った物はシートにぶら下げられたナイロン袋。これは、船酔いの人が使うアレ用だ。シートの汚れを防ぐのが当初の目的か、親切心か、どちらでもいい事だが、ちゃんと用意されている。私達には不要だ。私達は魚釣りで船酔いの苦しさを何回も経験しているので薬を1時間前に飲んでいる。準備万端だ。

ぶら下げられたナイロン袋
高速船内

港を出て10分もしない内に来た来た。聞きしに勝る大波だ。先ほどの自信は何処へやら・・・・。こうなれば寝るに限る。40~50分は乗ったのだろう、「台東」から33k離れた孤島「緑島」の南寮漁港に、おかげさまで何事も無く着いた。この島のベストシーズンは6月~9月と聞いていたが、それにしてもフェリーから降りる人人人だ。

港には、民宿「藍色珊瑚島」のオーナーの出迎えがあり、チェクイン前にバイクをレンタルするという事だった。女将の説明によると島の人口は3000人弱、それに対しレンタルオートバイは6000台有るようだ。大概が2人乗りをするので12000人の観光客の受け入れ態勢は出来ているとの事で、シーズン中は島民の倍以上の観光客が島をウロウロするようだ。レンタルバイク以外にもゴルフカートが数十台用意されている。料金はバイクNT$200/日、ゴルフカートNT$1400/日、少しゴルフカートが割高だ。

ガソリンを給油するバイクの列
IMGP3803.jpg

さて、民宿のチェクインも終わり行動開始だ。
IMGP3805.jpg

高速船=NT$460/片道 (2010'6/13)

にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/151-1bfee021
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。