上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「緑島」の後は二つの行程を用意していた。1つは南回りで「墾丁」「屏東」「高雄」「台南」と周るルート、もう1つは「台東」「花蓮」「宜蘭」の東海岸の旅だ。どちらも経験済みなのだが折角ここまで来たのだから、ついでと言う気持が有った。

「緑島」への出発地「富岡漁港」で昼食時に次の行程を相談をしたのだが、フェリーの揺れによる疲労か暑さボケ(33度)なのか、一番安易な「台東」泊、帰宅になってしまった。「台東」宿泊の場合は「国軍英雄館」あるいは「原住民文化会館」の予定をしていたのだが、是も食堂の女将の勧める近所の民宿泊になった。奇麗な新築の3階建ての民宿だった。

宿泊費は民宿がNT$800、「国軍英雄館」「原住民文化会館」がNT$900で似たりよったりだが、民宿からは市内へ出かけるのにバイクが必要だ。リース料NT$300、一番高い選択をしたのかも知れない。民宿に荷物を運び、軽く昼寝をする積りが夕食時まで寝てしまった。「台東」観光は明日にして、夕食をし本日は就寝。

翌日は早朝より「卑南文化公園」に向かう。2~3千年前の新石器時代の出土品の数々を展示していた。台湾原住民はフィリッピン方面から渡来したと云うのが定説なのだが、それは逆ではないかとの仮説が成り立つと云うことだった。フィリッピン方面で新石器時代の出土品が発見されていない事が、その理由の様です。

「知本温泉」「鯉魚山」「天后宮」などの観光スポットは全てパスをした。やり残しの「池上弁当」は「台東」駅で時間待ちに食べる事にする。

「池上弁当」=NT$80

民宿の近所で見かけた水の自動販売機
IMGP3984.jpg

「卑南文化公園」博物館の展示品
IMGP3965.jpg
成人に達した時に前歯2本を抜く儀式です。(これからの苦労を乗り越えられるように)
IMGP3966.jpg

ペーロン大会をしていました
IMGP3979.jpg

池上弁当
池上弁当

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/154-1f13a97b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。