上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台北には多くの歴史建築物が残されており、古跡に指定されているものも多くある。その中でも筆頭は、南国の風を受け青天白日滿地紅旗を、たなびかせている中華民国総統府、かっての台湾総督府だろう。写真では伝わりませんが威風堂々とした威容に圧倒され旅行雑誌で得た知識が、もろくも崩れ去りました。私の実感では日本近代建築物の中でも筆頭にあげられる建築物のような感じが致します。

現在、1F部分は一般公開されており、ボランティアの白髪の、お爺さんが「戦後の日本人の生き方」「自分達の生きた戦前の日本」、日本への思いを込め一生懸命に、歴史を語ってくれます。
P6050049.jpg
【建物】1919年(大正15年)竣工。国定古跡。
【設計】長野宇平治 森山松之助。辰野金吾式建築の代表作。
【場所】MRT台大医院駅徒歩5分。中正区重慶南路1段122号。
P6050061_20100713213729.jpg
下の写真を注視して下さい。日本の日を型取っています。そして四隅の出っ張り部分は喫煙室だったそうです。この時代に、既に分煙意識が有ったという事ですね。進んでいます。
台湾総督府
《PS》
白髪のお爺さんは元日本陸軍特別志願兵「蕭錦文」さん84歳です。私達戦後の日本人が捨去った日本人の心を持った素晴しい日本人(台湾人)です。
現在は月曜日~金曜日の午前9:00~12:00まで1F部分のみ開放されています。(パスポート必要)
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

日本時代50年間で建築された最大の建築物で、7年の建設期間を経て1919年竣工した。日本人が居住していた城内の中央に位置し、中央塔からは台北全体が見渡せました。この中央塔は高さ60m、台湾初のエレベーターが設置されている。

1907年の日本政府による設計コンペで選ばれた長野宇平治の作品では、中央塔が低く、外観装飾が質素であったため、主催者が森山松之助を起用し、長野の作品に大幅な修正を加え現在の姿になる。

総督府は東向き、日本の方向を向いており、全体の形は「日」の字になっております。

昭和20年の台北大空襲では正面左側に爆弾が落とされ、3日3晩焼け続いたということです。終戦時には、内地に引き上げる人々の終結地になっていたようだ。

戦後は修復をし、現在に至るまで、台湾総統が執務をしております。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/161-5048d07d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。