上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若者達が闊歩する町「西門町」はかっての台北城の西門の外側にあたる場所にある。この地の中心部に一際歴史を感じさせる赤レンガの建物「八角楼」が有る。
赤レンガの建物「八角楼」は1908年(明治41年)に台北西門市場として建築され、1階は日用品、2階は書画骨董を販売する公設市場として賑っていた。建物は文字通り手前に八面体の建物と後部の十字型の建物で成り立っており、八面体は「八方から客が集まる]為にという意味が有るらしいが、こじつけだろう。

「紅楼劇場」(旧正式名称は新起街市場)
紅楼劇場-2
【建物】1908年(明治41年)竣工。3級古跡。
【設計】近藤十郎
【場所】MRT西門駅。萬華区成都路10号。

「八角楼」はこの町の栄華衰勢をじっと眺めてきた西門のランドマークだ。
日本統治時代初期(1890年代)、荒地だった門外に日本人街ができた。これが西門町の始まりで開拓当時は「台北座」「栄座」などの芝居小屋がある浅草のような賑わいの繁華街だったようだ。1930年代にはいると映画館街として栄えた。

戦後は大陸から渡ってきた人々で賑わい、大陸を懐かしみ戦前の上海歌謡などのショーを見に通ったようだ。現在でも当時の名残か、四川料理が軒を並べている一角が有る。
1980年代には、他地域の発展により、活気を失っていった西門町だが、1990年代頃からは若者向けの繁華街として、活気を取り戻している。

歴史とは不思議なもので、日本時代は芝居小屋、戦後は演芸館、現在は映画館の様に、この街のDNAには芸能が組み込まれているのだろう。

西門町で日台の民間信仰の神仏が祀られている廟を見つけました。(5/17ブログ「若者の町、西門で珍しい物発見」記載)
ビルの谷間の「台北天后宮」に祀られている弘法大師
P5170019.jpg P5170011.jpg

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/167-68e9444a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。