上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾1の温泉地[北投]に温泉浴が目的でなく行った。北投石には興味がないが、発見者の[岡本要八郎]の石碑が北投にある事を知り、見てみたくなった。おまけに善光寺の分院が北投に有り、そこに有るとの事だ。2重に興味をそそった。

MRT北投から温泉街の有るMRT新北投までは歩いても10分もかからないのですが時間短縮の為、電車に乗った。
北投~新北投間はこんな可愛い電車が走っております。
IMGP5317.jpg  IMGP5479.jpg  IMGP5319.jpg

ここに来れば何を差し置いても、寄らなければいけないのが[北投博物館]だ。ここで北投石の知識を付けてからとの思いもあった。博物館は2階から入場する。入り口で三橋道也の[松風さわぐ丘の上、古城よひとり何しのぶ・・・・・・](題名は忘れた)、名調子の尺八を吹くオジサンがいた。2~3曲は聞いただろうか、心残りだが1階の北投石の展示場所に向かった。
IMGP5455.jpg

北投石の実物を見、能書きのチェックも終わり出口に向かった。何とも言えない物悲しいメローディーが引き続き演奏されていた。
この方は昭和18年生まれの[周松村]さんだ。この年代の方は親御さんが家庭で喋っている日本語を聞き覚えており、ある程度の日本語を喋る方が結構います。
IMGP5464.jpg
趣味で大道芸(尺八演奏)をされており、新聞・雑誌・写真等をいろいろ拝見いたしますと、北投をホームグランドに台湾中でやっておられるようで、遠くは京都で2007年オーケストラと共演もされていました。そして、この黒光りした、いかにも手入れの行届いた尺八は100年以上たっていると自慢げにおしゃっていた。
尺八は日本時代に持ち込まれた物だろうから、現在戦後60数年経つわけだから、100年は当然だろう、と変な納得の仕方をしたりした。

その後、お前の為に吹いてやると言って[名月赤城山][荒城の月][君恋し]・・・・・・・・・・・・。何時しか私も興が乗り、歌っていた。更に私は毎日、ここの露天風呂に行くと言う日本語の達者なオジサンが加わり、カラオケ状態になってしまった。

課外教授で[北投博物館]に来ていた学生引率の先生の懇請により、演奏している[周松村]さん。制服の違う数校の学生が課外教授で訪れていた。館内で日本と台湾の繋がりを勉強し、館外で日本文化の一端を勉強した学生の何人が日本好き人間に成るのだろうか?。
IMGP5468.jpg
演奏を聴き、日本の話、日本への思い、日本の思い出、を話していると、あっという間に数時間が過ぎた。日本の大好きな[周松村]さん、[露天風呂通いのオジサン]との楽しい1日でした。善光寺参りは急ぐ訳でもなし、また今度にします。
にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村
アクセスランキング
ランキング集計結果

ブログランキング
FC2 Blog Ranking

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/198-c74349b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。