上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は11/3文化の日だ。私も台湾在住ながら、日本文化に触れるため「現・国立台湾博物館」へ行った。建物は台湾の行政機関が集まる地域にある228和平公園内に建っている。

228和平公園は大陸から渡ってきた国民党が、一つの事件をきっかけに、当時の台湾知識人を対象にした白色テロの犠牲者を慰霊するための公園となっている。公園内には、「現・国立台湾博物館」「旧・台湾放送局台北(現・228記念館)」や蒸気機関車などが展示されている。

建物の威容を目の当たりにする時、台湾領有後の国家財政の厳しい時期に、よくこれだけのものが造れたものだと感心するのみです。ちなみに1915年(大正4年)に竣工されている。

十分に日本人の偉大さや日本文化を感じ取れた1日でした。民主党の仕分人の人々なら、どうゆう評価を下すか興味がある。

IMGP4372.jpg
【建物】1915年(大正4年)。国定古跡。
【設計】野村一郎
【場所】MRT台大医院駅
IMGP5563.jpg

IMGP4365.jpg
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/217-455c5ccd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。