上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台北放送局民雄放送所(現・国家放送文物館)
【建物】1940年(昭和15年)9/28日放送開始。
【設計】鈴置良一
【場所】嘉義県民雄郷寮頂村民權路74号。
IMGP7246.jpg
1937年(昭和12年)、日本は南部進行政策の軍事及び心理操作の為、嘉南平原の広大な水田に電波台、変電所、宿舎などを建設し1940年に民雄放送所を開設した。
IMGP7244.jpg
206メートルに及ぶT型アンテナの鉄塔を2台設置した(写真左奥の赤白の鉄塔)。
IMGP7248.jpg
NEC電気製造会社が生産したMB-15A型電波発射機。
IMGP7274.jpg
第2次大戦中、米軍の戦闘機の機銃を受けた生々しい弾痕痕。
PC210026.jpg
戦後は中華民国政府の「台湾放送局民雄播送機室」となったが日本統治時代と同じく大陸同胞への呼びかけなど軍事色の強い放送をした。現在この機能は圓山大飯店麓の施設に移動している。
IMGP7258.jpg
冷却装置。
IMGP7256.jpg
作業机。
IMGP7272.jpg
職員の説明では、地震などにも対応したひび割れ一つない非常に頑丈な造りの建物で今日まで1度も補修をした事が無いのが自慢の一つだと言っていました。全て建設当時そのままです。
IMGP7264.jpg
頑丈なだけではなく装飾も考えた寄木貼りの贅沢な床です。
IMGP7263.jpg
ビックリな事にこの時代にOA床(床下配線)を採用し、床面、壁面に配線が無い事でした。
IMGP7271.jpg
職員の写真。
IMGP7267.jpg

にほんブログ村 トラコミュ 台湾ロングステイの会へ
台湾ロングステイの会


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村

アクセスランキング
ランキング集計結果

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/259-4a0867dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。