上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.11 台南測候所
台湾の気象観測は台湾割譲の1895年(明治28年)から始まっている。初代総督樺山資紀が反乱分子を平定した時点で(1895年)台南に仮測候所が設置された。台湾の軍事、経済、生活を考える上で気象観測の必要性が重要課題であると考えた台湾総督府は台北、台中、台南、恒春、澎湖の5つの測候所の建設を1897年から始めた。

【台南測候所】
【建物】1898年(明治31年)竣工。国定古跡。
【場所】台南市公園路21号。
IMGP7363.jpg

【台中測候所】昭和初期に建築されたものでしょう。
IMGP6989_20110411211545.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
ランキング集計結果

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/294-098d0a64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。