上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日3日から5日迄は「清明節」で3連休だ。朝方の陽気に誘われて「温泉に行きたいな」と思っていたところへ以心伝心というか友人夫妻から陽明山の温泉行きの誘いが有った。(連休)(花見)(行事)等で陽明山への人出が予想される時は、車の登頂が制限される。今日は「清明節」で墓の掃除の人出が予想される為、制限されていた。そこは心得たもので、友人は制限外のルートで登頂をはじめた。

今日のルートは「後花園」という数軒のレストラン街を通り抜け、登っていくルートだ。ここは台北市内を眼下に見おろせる場所でナイトスポットになっているようだ。友人夫妻の秘話を聞きながら5~6分程度、車を走らすと頂上にある「文化大学」に着く。ここは台湾で一番高い所にある大学だそうだ。此処からの眺めは最高です。

此処から下り坂になっており、途中にある「冠宸会館」で昼食をとる事になった。此処の山野菜や「白斬鶏」がとても美味しいので温泉行の時には必ず訪れている。山の天気は変わりやすく雨が降ってきた。

雨の中、車を走らすこと20分程度で目的地「馬槽花藝村」温泉についた。入口で150元を支払って入場だ。適当な期間で男女湯が入れ替わるのだが、それぞれに露天風呂が2~3箇所あり、泥風呂がある。大概1.5~2時間は、はいっている。食事施設があり、食事をすれば無料で入浴出来るというシステムだ。

帰りは小腹のすいたところで、陽明山名物の中身が黄色の、ものすごく甘いサツマイモのスープと天婦羅を「馬槽驛桟」という店で食べて帰るのが恒例だ。日本の「芸術新潮」という雑誌に紹介された事が有るので、知っている人もいると思う。ところが今日は食べる事が出来なかった。なぜなら店そのものが無くなっているのだ。

同じような店が並んで営業していたのに、我々が行く店だけが、姿形が消えていた。友人曰く「あの店の店主は民進党員だったので強制撤去させらたのだろう。この一帯の露天は営業許可が無いので、政権が変わると有り得る事だ。」
いつも満杯で営業していたので営業不振による閉鎖は無いと私も思う。
《写真》
①露天風呂 ②芋スープ
IMGP2683.jpg 006.jpg
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ C級グルメへ
にほんブログ村

《PS.》
清明節とは
先祖の墓を掃除し、墓参りをする日。「掃墓節」とも言う。日本のお盆に当たる行事で祝日になっている。
沖縄には同じ風習があり、こちらは墓の前で親族が集まって食事を楽しみます。

「冠宸会館」の住所
台北市陽明山竹子湖路67号

「馬槽花藝村」の住所
台北市陽明山竹子湖路251巷

「白斬鶏」とは
塩水で味付けをした鶏を蒸した料理
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/30-bc696c45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。