上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台中公園「湖心亭」
基隆~高雄(打狗)間408.5kが全通し、半年後の1908年(明治41年)10/24縦貫線全線開通式典が台中公園で開催された。貴賓、来賓、1360余名が招かれ盛大な式典が催された。「湖心亭」は式典参列の要人の休息所として設けられたものです。和式とも洋式とも中華風とも、思えぬなんとも不思議な姿の建物だ。
【建物】1908年(明治41年)竣工。市定古跡。
【設計】福田東吾
【場所】台中市公園路37号-1。
IMGP6942.JPG

【台中駅】
【建物】1917年(大正6年)竣工。二級古跡。
【設計】
【場所】台中市建国路1段172号。
IMGP6924.JPG

台中駅開業は1905年(明治38年)ですが、写真のメイン駅舎は1917年3/21完成している。旧台北駅舎が無くなった今は、日本時代の駅舎建築を代表するものです。古跡認定を受けている駅舎建築は他に「新竹駅舎」「嘉義駅舎」「勝興駅舎」「泰安駅舎」が有る。

【台中後駅】
旧・台湾糖業鉄道の台中駅。昭和を思い出す、いい雰囲気の駅舎だ。
IMGP7058.JPG
関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/332-2c2a3c77
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。