上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.11.投稿 リメイク

「簡単に行けない・・・・・」大層なタイトルをつけました。台湾には「日式・・・」「和風・・・」など日本を売りにした商売が沢山有ります。

食べ物やさんの世界でも10年前は和食の店に行く事はステータスシンボルでタクシーの運ちゃんの一か月分の稼ぎが飛んでしまうような料金でした。*「運ちゃん」という単語はこちらに残っております。

そして民宿「悠遊村」 http://longstay-tw.seesaa.net/の近所にある「お多桑」(おとうさん)は何故簡単に行けないか、予約が取りにくい⇒no、政財界人御用達⇒no、べらぼうに高い⇒no、隠れ家的な店なので場所が説明しづらいだけです。
P6090014.jpg

P6090012.jpg

P6090010.jpg

P6090005.jpg

P6090009.jpg
小気味の良いお兄さんが見事な包丁捌きをみせてくれます。板さんのチェックは鮪の赤身で。ワサビは生山葵、皿の手前は炙り、刺身のツマも心得たものでした。
P6090003.jpg
台湾でしか食べれない緑竹筍。台湾人はマヨネーズで食べますが、私達は勿論ワサビ醤油で食べます。
P6090004.jpg
「皮付きミニトーモロコシ」「カマスの塩焼き」「ザーサイ」「カルビ・トントロ・牛ねぎ・各串焼き」「明太子の手羽焼き」「キムチ」「鮭のにぎり」「冷酒山田錦」×2 「キリンビールの一番搾り」「ハイボール」。料金はNTD1800(¥5400)、気持ちよく食べて飲みました。

PS.
台北には日本人夫婦が経営する民宿「悠遊村が有ります。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/363-f0249f98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。