上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台北郊外の林口に有る「長康養生文化村」を訪れました。友人の母が入居されているので、そのご挨拶と館内の見学を兼ねて士林の自宅を友人の車で出発いたしました。

出発後、30~40分で目的地に到着、もう少しかかるかなと思っていたのですが、案外早かった。数年後には現在建設中のMRT桃園線が開通されるので更に便利な施設になるでしょう。
現時点でもMRT台北駅や行天宮駅など数か所から30分に一本バスが運行されており不便な施設という事はないでしょう。しかもシニヤのバス料金はNTD18です。

まるでゴルフ場の入口を思わす「長康養生文化村」の進入路。
IMGP9508.jpg
現在、開所されているA棟と24時間完全介護棟です。400名の方々がここで生活されております。
IMGP9502.jpg
開所を待つC棟、D棟。
IMGP9503.jpg

ゴルフ練習用施設
IMGP9506.jpg
バスケットボール施設
IMGP9491.jpg
テニスコート
IMGP9490.jpg
これ以外に屋外活動用施設としては「サッカー場」「家庭菜園」「花園」「トレッキングコース」等々が有る。

パソコン室。
IMGP9481.jpg
ピアノ教室。
IMGP9475.jpg
ビリヤード室。
IMGP9477.jpg
マージャン室。数か所ある(お国柄ですね)中の一か所。
IMGP9478.jpg
スポーツジム(マッサージ機も有ります)。
IMGP9479.jpg
卓球室。
IMGP9480.jpg
入居者の誕生日パーティー等が行なわれる大ホール。
IMGP9501.jpg
医務室。
IMGP9487.jpg
これ以外には「カラオケ・ルーム」「図書室」「日本語教室」「英語教室」「絵画教室」「書道教室」等々のカルチャー教室が数室有りました。

各室郵便受け。
IMGP9488.jpg
セブンイレブン。入居者は10%引き。
IMGP9484.jpg
巨大な食堂。OPEN前で点灯されていないので少し薄暗いです。
IMGP9485.jpg

友人の母親が入居されている室の玄関内。
IMGP9493.jpg
室内。
IMGP9469.jpg
窓の外。
IMGP9472.jpg

PS。
MRT桃園空港線が開通すれば国外から台湾を訪れる人にとって、保養施設というよりは非常に便利な宿泊施設になるような気がいたします。




にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
PS.
台北の宿泊は日本人夫婦が経営する民宿「悠遊村」へどうぞ。詳細はこちらをクリック⇒「悠遊村」台北便り





    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://shikaso.blog100.fc2.com/tb.php/395-fa004c67
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。